子供の輝きを尊重してくれる保育園の先生に感謝

息子が保育園で年中さんの時のエピソードです。劇の発表会があり、保護者として見に行きました。自然がいっぱい奈良の大和高田の保育園は自分の出番ではない場面なのに舞台でウロウロしたり、その場に居座ったりと明らかに劇の進行の邪魔をして、物語としておかしなことになっていました。クラスのお友達はみんなきちんと役割をこなしていたので、自分の子供だけが出来ていないことが恥ずかしくて、申し訳なくていたたまれない気持ちでした。後日、先生に「残念でした」と伝え、評判の保育園は奈良でも自分の出番ではない時は「今は出番ではないよ」と指導して欲しかったと伝えました。いけないことをしているのに野放しになっていたように感じたのです。先生がおっしゃるには、連日の劇の練習では劇をとても嫌がっていた息子が、本番では嬉しそうに伸び伸びと劇に参加していたので、先生としてもとても嬉しく思い、あえて出番以外の場面でも引っ込めることはせずに自然にまかせていたとのことでした。先生の思いを聞いて、私は親として大変恥ずかしく思いました。私は息子がクラスに迷惑をかけている、1人だけおかしな子供がいるとか世間体を気にしてばかりいました。先生は劇が台無しになるとは考えずに、息子が本当に楽しそうにキラキラした笑顔でみんなと一緒に劇に参加できていることを尊重してくださっていました。感謝の気持ちでいっぱいです。

初恋は幼稚園の先生で

年中組の先生はいつも朝会では園児たちをテキパキと整列させて、ピアノを弾くようなサババサしたタイプで、特別好きとかそういう気持ちはありませんでした。口コミすると奈良の大和高田で保育園はそんな普通の幼稚園時代を送っていましたが、年長組に上がった時に出会った担任の先生には、今思えば初恋に近い好意を抱いていました。決して頼りないわけではありませんが、評判の奈良でも保育園は見た目はおっとりしていそうな感じで、今思い返すと特別美人というわけではありませんが、かわいいルックスだったと思います。不思議と当時の自分は年中の時の担任の先生と年長の担任の先生が並んだ時に、一目散に年長の先生に飛び込んでいた記憶があります。いつも包容力があり、他の園児からも人気の先生でした。年中時代はいつもいじめられていて、友達もできないまぁまぁきつい日々を当たり前のように過ごしていました。年長に上がってからは転園してきた友達と毎日遊び、幼稚園に行けば好きな先生にひらがなや音楽を教わって鍵盤ハーモニカを練習する毎日。恋愛感情に自覚していなかったので本当に疎かったのですが、当時なりに自分のことを好いてくれる女子も居たので案外充実していました。いつ知ったのかは憶えていませんが、卒園してから間もなく、初恋の先生は結婚して円満退職されたそうです。きっと何処かで幸せな日々を送っている事を願っています。

幼稚園の先生とのヒーローごっこ

幼稚園の先生は明るい方であり、今でもその雰囲気などを思い出すとほっこりしてしまいます。温厚な性格ではあるのですが、奈良の保育園を口コミで色々なことに理解がある人であり一緒にヒーローごっこ遊びをしたことは今でもおぼえています。自分はそこまでスポーツ系が好きな男子ではなかったのですが、それでもテレビのヒーローには憧れていたこともあり、仮面ライダーのマネなどをよくしていました。幼稚園ではスポーツ系の男子がヒーローごっこをよくすることもあり、自分は悪役を押し付けられるなどちょっと不満があったのを覚えています。そんな時に声を掛けてくれたのが幼稚園の先生であり、自分がヒーロー役で先生が悪役になってくれて、ヒーローごっこをしてくれたのですごく楽しかったですね。だたし先生はそれなりの身長だったとはいってもやはり大人なので、大きな悪役というプレッシャーがあり内心ではビビっていたのもいい思い出です。また先生は女性なので悪役という感じでもどこか憎めないキャラクターに思えてしまい、あまりパンチやキックなどをすると少しモヤッとしたのも覚えています。それでも自分のヒーローごっこ遊びに付き合ってくれたのは本当に嬉しかったですし、大人の優しさというものを感じた経験でした。