幼稚園の先生に救われました。

私の親は今でいう「毒親」でした。褒めることはもちろん、気持ちに寄り添ったりしてくれたことは一度もありませんでした。年長で幼稚園に通い始めた時、口コミで奈良なら大和高田の保育園が担任になった先生がすごく優しくて色んなことを褒めてくれる先生でした。最初、子供ながらに「どうして私が笑うと先生も笑うんだろう」と疑問に思っていました。家では私が嬉しそうにしたら母はなぜか機嫌が悪くなるからです。容姿に関してもよく罵声を浴びせられていました。話題の保育園を奈良で見つけようと担任の先生は母とは真逆のことばかりするので、私は混乱してしまったのです。そのことを何の気なしに先生に話すと、先生は一瞬驚いたような顔をしましたが、直ぐに笑顔になりました。そして私と目線を合わせて「あなたが笑ったら先生は幸せな気持ちになるんだよ。あなたの笑顔はみんなを元気にする力があるんだよ。」と頭を撫でながら言ってくれました。嬉しくてたまらなくて、私はその言葉を宝物にしました。それ以来、母からキツくあたられても、その言葉を思い出していました。私の心の拠り所だったのです。先生とは社会人になるまで年賀状などのやり取りをしていました。先生は私の気持ちを知ってか知らずか、いつも手紙の最後には「今もチャーミングな笑顔で笑っていますか」と添えてくれました。その先生の存在があったから今の私があります。本当に素晴らしい先生でした。

とても大好きなニコラス先生

息子の通う保育園では、年中組から英会話の保育が月に2度行われています。口コミから奈良で保育園が海外の英語圏から来日した先生がレクリエーションをしながら、ネイティブの発音を教えるというもので、本格的な英語を楽しく学べるので、保護者からも園児たちにも人気の保育です。昨年の英会話の担当はオーストラリア人のニコラス先生でした。身体が大きくて陽気な先生で、口コミすると奈良の大和高田で保育園は園児たちもみんなニコラス先生が大好きでした。息子は特にニコラス先生が大好きで、英会話を心待ちにし、保育中はずっとニコラス先生のそばから離れようとしなかったそうです。しかし、悲劇は突然訪れました。昨年の10月、ニコラス先生のお父さんが体調を崩してしまい、ニコラス先生は急遽、帰国しないといけなくなりました。病気は思いの外重く、ニコラス先生は英会話の講師を辞めて、看病に専念しないといけなくなりました。それを聞いた息子は泣き崩れました。どんなに慰めても涙が止まりませんでした。悲しみに暮れる息子の元に一通の手紙が届きました。オーストラリアのニコラス先生からでした。先生は息子たちが読めるように平仮名だけで書かれた手紙を園児たち全員に出してくれたのです。嬉しかった息子は何度も何度も手紙を読み直しました。そして息子にとってその手紙は宝物となりました。今、息子の一番行きたいところはもちろん、オーストラリアです。いつかニコラス先生と再会できることを夢見て、月2回の英会話を頑張っています。