とても大好きなニコラス先生

息子の通う保育園では、年中組から英会話の保育が月に2度行われています。海外の英語圏から来日した先生がレクリエーションをしながら、この口コミの奈良を保育園からはネイティブの発音を教えるというもので、本格的な英語を楽しく学べるので、保護者からも園児たちにも人気の保育です。昨年の英会話の担当はオーストラリア人のニコラス先生でした。身体が大きくて陽気な先生で、園児たちもみんなニコラス先生が大好きでした。息子は特にニコラス先生が大好きで、英会話を心待ちにし、保育中はずっとニコラス先生のそばから離れようとしなかったそうです。しかし、悲劇は突然訪れました。昨年の10月、ニコラス先生のお父さんが体調を崩してしまい、奈良で大和高田の保育士を求人でニコラス先生は急遽、帰国しないといけなくなりました。病気は思いの外重く、ニコラス先生は英会話の講師を辞めて、看病に専念しないといけなくなりました。それを聞いた息子は泣き崩れました。どんなに慰めても涙が止まりませんでした。悲しみに暮れる息子の元に一通の手紙が届きました。オーストラリアのニコラス先生からでした。先生は息子たちが読めるように平仮名だけで書かれた手紙を園児たち全員に出してくれたのです。嬉しかった息子は何度も何度も手紙を読み直しました。そして息子にとってその手紙は宝物となりました。今、息子の一番行きたいところはもちろん、オーストラリアです。いつかニコラス先生と再会できることを夢見て、月2回の英会話を頑張っています。

アレルギー児・涙と笑顔の入園見学

アレルギー体質の娘。卵と乳製品の数値が高く、除去をして対応していました。採用保育士が奈良では大和高田の幼稚園入園の時期になっても状況は変わらず。それでも、よくあるアレルギーという感覚しかなく、問題視していませんでした。それが大きな間違いであったことに気付いたのは願書受付の時。卵のみなら除去可能だが、乳製品の除去はできないため、お弁当での対応になる、と言われてしまいました。奈良で口コミをする保育園は自分の考えの甘さを痛感し、母に相談。入園時期をあと1年遅らせ、その間に食べられる物を増やしていくことを考えてもいいのでは?と。ほとんどの幼稚園が休職センターを利用していたこともあり、他の幼稚園も似たり寄ったりの対応でした。しかし、ダメ元で相談に行った幼稚園の園長先生は、アレルギーなんて何のその。うちにはマルチなアレルギーの子も給食で対応しています、と。園長先生とマンツーマンの状態で園内を案内され、子供は飛び入り参加で歌を歌ったりお遊戯をしたり。その様子を見て、『2年保育にするなんて勿体ない。こんなに順応できる性格のお子さんなら、きっと楽しい幼稚園生活を送ることがでれますよ。』と言っていただき、園長先生の人柄と、ホッとしたのとで、子供は笑顔、私は涙、の幼稚園見学となりました。小規模の幼稚園だったので、入園後もすべての子供たちを先生が把握してくれており、アレルギー以外のことも安心してお任せすることができました。卒園後も、小学校の運動会を見に来てくれたりと、温かい関係は続いています。この園風に惹かれて集まったママ友も一生の友達になると思っています。