保育園の先生のおかげで子供の人見知りな性格が改善された話

私には5歳になる長男がいます。とても良い子なのですが、昔から人見知りで、外に出ると人に目を合わす事も難しいくらいの極度な人見知りです。そのため保育園ではいつも孤立気味で一人で遊ぶ事が多い子供でした。神戸でもインターナショナルスクールといえるのはここでそのため友達もできず休みの日でも他人の子と遊ぶような事はありませんでした。私達親としても何とかしたいと思っていたのですが、こればかりは言ってどうにかなるものでもありませんし、強引な手段を使うわけにもいきません。状況がなかなか好転しない日々が続いていたのですが、転機が訪れたのは年中クラスに上がってからでした。年中クラスの担任はとても子供の事を考えている先生で、クラス内で孤立気味だった長男に積極的に声をかけてくれ、なるべく皆の輪の中に入れるように声掛けをしてくれました。連絡ノートでも意見を交換していたのですが、どうも先生の子供も私の子供と同じように小さい頃は人見知りだったとの事。ですが、当時の保育園の先生の親身な対応でうまくクラスの中に溶け込めて人見知りの性格も改善されたとの事でした。そのため自分の子供と同じように人見知りな私の子供も放っておけず、親身に対応をして下さっているとの事でした。その後も先生は親身な対応を続けて下さり、息子が輪の中に自分で入れるようになるまで息子と他の子供達の間の架け橋になり、間を上手く取り持って下さいました。そのおかげで息子はクラスの子供とよく遊ぶようになり、人見知りの性格も次第に治っていきました。今では休日も友達と遊ぶようになり、毎日をとても楽しく過ごせています。本当に担任の先生には感謝しかありません。

幼稚園の先生との嬉しかった体験

当時、年中の時に引っ越してきて友達が誰1人居なかった私は入園して遊ぶ友達がいなくて、友達がほしかったのですが、どうしていいかわからず引っ込み思案で大人しかったと思います。こんなバイリンガルスクールが神戸の中にも担任の先生が友達と話を繋げてくれて一緒に友達と遊ぶようにできるようになり、先生のおかげでその友達とは気も合ったのか親友にまでなる仲となれました。また泥団子でお団子を作って遊んでいるのが好きな時、どうしたらもっと綺麗になるのか教えてくれたり綺麗な光沢のある布をくれて、そのお気に入りの布で毎日先生に見せながら泥団子作りをしていました。いつも違う言葉で褒めてくれたりして、大人になった今でも泥団子作り楽しかったなと思えます。また、私が年長のクラスになった時も同じ大好きな先生でした。いろいろと入園時には自信がなかったことも進んで取り組むようになり、アルバムを見ていても変わったなと思うぐらい笑顔で楽しそうな自分がいました。先生がいつもあたたかく接していろいろな言葉を私にかけてくれたおかげだなと思い、私は幼稚園の先生になりたいと思い、幼稚園の先生として働いていました。今は妊娠して退職しましたが、いつか自分の子どもがどんな先生と出会えるかとても楽しみで、素敵な先生と会えることを楽しみにしています。

幼稚園の園長先生に感謝

長女が幼稚園時代にお世話になった先生のお話です。奈良でも評判の大和高田の保育園ではここにも長女は既に20歳。実は幼いころからいろいろな習い事を経験させていただのですが、その中でもクラシックバレエが小学校に入ったころから一番のお気に入り、かつ筋もよいということで、ここでエレメンタリースクールなら神戸では少し自ら青春時代をかけたいとうことで高校受験、大学受験がない私立の一環に受験勉強の末、入学したのです。結局、大学に上がることなく、プロのバレリーナになったのですが、彼女の素養を見抜き、幼稚園の時から一番応援してくれたのが幼稚園の園長先生でした。幼稚園に通っていた時代からいつも発表会は見に来てくれていました。何と今もずっと有料のチケットを買ってまで。年賀状だけではなく、長女とはLINEのやり取りもしているのでまるでおばあちゃんのようです。ここでは神戸がインターナショナルスクールからは最近知ったのですが、園長先生も娘さんがいて、クラシックバレエのプロを目指したいという思いを無理やりあきらめさせて経緯があるらしく、心から頑張ろうという我が家の長女の意思を見て応援したくなったのだとか。本当にこれこそ恩師であるいえるのではないかと思います。話題の保育園が奈良ではとてもここには 幼いころからずっと応援しつづけてくれた先生、長女にしたらずっと元気でいてくださいといつも感謝しているようです。

オムツはずれで子どものペースを尊重してくれた保育園の先生

私には子どもが2人います。2人とも年少から保育園に入園したのですが、神戸もインターナショナルスクールと呼べることはまだ、オムツが外れていませんでした。今回お話しするのは、2人目の子が年少の時のことです。共働き家庭の増えた現在、1・2歳から保育園に入園している子が多くいます。早くから入園している子のほとんどは、年少になる前にオムツが外れていました。オムツが外れていない子がいると、先生にとっては、手間が増えます。そのため、奈良でも大和高田で採用できる保育士では少しでも早く外せるようにと子どもをあせらせる先生もいらっしゃいます。入園から3ヵ月ほど経った頃、徐々にトイレで用を足せるようになり、そろそろオムツを外してもいいのではないかと先生から提案がありました。今までに数百人を超える乳児や幼児を見てきた先生の判断なので、私も応じようかと思ったのですが、肝心の本人が不安げな表情。「まだオムツをはいていたい。」と言ったのです。そうすると、先生はまったく否定することもなく、子どもの意見を取り入れてくれました。一番奈良で話題の保育園がどうしてオムツを取って、失敗することで気持ち悪さを感じ外せるようになることが多いと聞く中、外すことを急がせず、待ってくれました。それから1か月ほどして子どもから「もうオムツはいらない。」との宣言がありました。宣言後は、1回もおもらしをすることは無く、おねしょさえも有りませんでした。神戸ならインターナショナルスクールが沢山あるから先生が子どもの意見を尊重し、手間を惜しまず待ってくれたことで自信をもってオムツの卒業ができました。