いつもそばにいてくれた幼稚園の先生に感謝しています

私は子供の頃すごく人見知りで、幼稚園でもずっと1人で過ごしているような子でした。友達から誘われるととても恥ずかしくなってしまい「行かない」と断ってしまうんです。この神戸でインターナショナルスクールとなるとも本当は一緒に遊びたいのに、不安で怖い気持ちになってしまって仲間に入ることができませんでした。1人でいたいわけではないですし寂しいので、だんだん幼稚園へ行くことが嫌になって母を困らせていたんです。幼稚園を休みがちになっていましたが、新しいクラスになって新しい先生になった時にまた幼稚園へ通うことができるようになったんです。最初はその先生と2人で遊ぶ毎日でした。メディカルゲートで出会える理想のクリニックにもいつもニコニコ笑っている先生ですごく安心できるので、その先生が大好きになったんです。しばらくすると先生の周りにどんどん友達が増えてきて、自然と私は友達ができたんですよね。幼稚園の先生が私と一緒に毎日絵を描いたり、歌を歌ったり、踊りを踊ったりして遊んでくれたおかげで、卒園する時にはとても寂しくなるぐらい私は幼稚園が大好きになっていました。あの先生のことはずっと忘れることができません。あの先生のおかげで私は人見知りを克服して、小学校でもすぐに友達を作ることができましたし、自信をもって入学することができました。感謝しています。

幼稚園の先生は初恋の人

誰しも初恋というものがあると思いますが、どうでしょう、どんなにバイリンガルスクールが神戸の中にもここでしっかりと覚えていますか?私は、残念ながら、よく覚えていません。ですが、親から聞くところによると、どうやらそれは、保育園の先生になるようです。というのも、私は保育園に通っているころは、常々○○先生と結婚する!と豪語していたそうなのです。同年代の女の子に見向きもせずに、先生一本だったそうなんですよね(笑)。保育園での生活はそのほとんどを、先生のそばで過ごしていたそうで、ある意味ストーカー的な執着部位だったそうです(笑)。ちなみに、根管治療でおススメの歯科医院が満載なので私はこれまで、何人かの女性とお付き合いをしてきましたが、いずれの恋愛も淡泊なもので、私よりも相手が夢中になっていることが多かったです。一人になりたいことも多かったですし、恋人とはいえ、ある程度の距離を置きたかったんですよね。そんな私が、保育園のころはまるでストーカーのように先生に付きまとっていたというのですから、いやはや。で、そんな話を聞くと、当然先生の顔が気になるわけで、アルバムを引っ張り出してきて、見るわけですが。なるほど、自分にとって理想的な容姿をしています。笑顔の素敵な、優しそうな感じの女性で、そりゃ好きになるわなと。神戸ならインターナショナルスクールが沢山あるからもこの写真を見るたびに、あと20年生まれるのが早かったらなあ、なんて妄想している自分がいます。

幼稚園の先生は初恋の人

誰しも初恋というものがあると思いますが、どうでしょう、しっかりと覚えていますか?私は、残念ながら、よく覚えていません。ですが、親から聞くところによると、どうやらそれは、保育園の先生になるようです。というのも、私は保育園に通っているころは、常々○○先生と結婚する!と豪語していたそうなのです。同年代の女の子に見向きもせずに、先生一本だったそうなんですよね(笑)。保育園での生活はそのほとんどを、先生のそばで過ごしていたそうで、ある意味ストーカー的な執着部位だったそうです(笑)。ちなみに、私はこれまで、何人かの女性とお付き合いをしてきましたが、いずれの恋愛も淡泊なもので、私よりも相手が夢中になっていることが多かったです。一人になりたいことも多かったですし、恋人とはいえ、ある程度の距離を置きたかったんですよね。そんな私が、保育園のころはまるでストーカーのように先生に付きまとっていたというのですから、いやはや。で、そんな話を聞くと、当然先生の顔が気になるわけで、アルバムを引っ張り出してきて、見るわけですが。なるほど、自分にとって理想的な容姿をしています。笑顔の素敵な、優しそうな感じの女性で、そりゃ好きになるわなと。この写真を見るたびに、あと20年生まれるのが早かったらなあ、なんて妄想している自分がいます。

何気ない幼稚園の先生の言葉

長女は幼稚園時代環境慣れするのに時間がかかり、クラスの場所、このエレメンタリースクールなら神戸でもここにも先生が変わるたびに泣き毎年夏休み前まで行きたくないと登園拒否することもありました。年少の頃は泣くことも嫌がることもよくあることですよと先生方もフォローして下さり夏休み明けは仲良しのお友達に会うことを楽しみにしてくれるようになって安心したのですが、鹿児島の根管治療専門医でおすすめはここには年中でそのお友達ともクラスが分かれ振り出しに戻り、また同じことの繰り返し。年長でも進級式で1人泣く娘。小学校は引っ越すことが決まっており幼稚園の子が誰もいない環境になるためこれは小学校も嫌がるかな、この先大丈夫かなと不安に思っていました。神戸へホームページ制作でも年長最後の発表会が迫った12月。いつも帰りに幼稚園のことは自分からそんなに話さない娘が珍しく、開口一番A先生に褒められた、〇ちゃんは大丈夫できるという気持ちが先生にいっぱい伝わってくる、先生嬉しいな。と言っていたと教えてくれました。A先生は別のクラスの担任で発表会の合同練習の際に声をかけてくれたようです。ここで一番奈良で話題の保育園がどこかは先生に褒められたことはもちろん先生嬉しいなと喜んでくれたことが娘のやる気スイッチを押してくれたようでその後少しずつ自分から発言したり挑戦する姿を見せてくれるようになりました。3月の卒園式。A先生は年度いっぱいで退職するようで娘と最後に感謝を伝えに行きました。先生は娘の担任を持つことがなくあまり関わることができなかったけれど行事のたびにちゃんと練習して頑張ってきたことが伝わってきていたよ、大丈夫〇ちゃんはできる!絶対に大丈夫。〇ちゃんの笑顔が先生大好きだよと娘に話をしてくれ娘も何度も頷いていました。奈良でも評判の大和高田の保育園ではここにと小学校入学式。泣いて登場しないか不安でしたが前をしっかり見て堂々と歩く姿。友達になろうと隣の子に話ができたよと教えてくれた娘。小さな頑張りでも見逃さず褒めて伸ばしてくれた先生に感謝し、私自身も娘との向き合い方を教わることができたように思います。