先生と一緒に走りきったマラソン大会

それは娘が年長の時の12月でした。小学校入学前のマラソン大会ということで800メートルを走ります。根管治療でおすすめの東京の歯科医院はどこから娘は足には自信があり、たいていのかけっこは1番でしたので、このマラソン大会をとても楽しみにしていました。でも念には念を入れてか、2週間前から毎日公園を走って練習までしていました。母親の私も、がんばる娘を応援しつつ、娘のことだから本番もきっと大丈夫だろうとあまり心配はしていませんでした。そして迎えた当日、もっとホームページ制作の仕事が神戸でいえることで雲ひとつないまさにマラソン大会日和でした。「あとで応援に行くからね!」「絶対金メダルもらうね!」そんな会話の後、娘は元気に登園していきました。数時間後、スタートは順調、もちろん1位です。ちょっと苦しくなってきたね、でも大丈夫大丈夫、がんばれ!ゴール手前、もう少し、その瞬間でした。転んでしまったのです。小さなが膝が血まみれに。私はすぐに娘のところに走り出しそうになりました。でも私よりも先に駆けつけてくれたのは、3年間お世話になった先生でした。1位だった娘を横目にみんなが通り過ぎ、後にはもう誰もいなくなりました。先生は娘の膝にハンカチを巻き、こんなバイリンガルスクールでは神戸のどこかで起き上がって大粒の涙をこぼしながら走る娘に寄り添って一緒にゴールをしてくれました。たくさんの友だちからの拍手を受け、娘は少し照れくさそうな様子もみせていました。あれからちょうど10年経ちましたが、娘はこの時のことを今も鮮明に覚えているそうです。そして、そんな幼稚園の先生になりたいといつも話しています。

保育園の先生との触れ合い

春になり保育園、幼稚園は入園や進級のシーズンですね。多くのエレメンタリースクールの中で神戸から新しい環境に身を置く子供たちは勿論のこと、子供を預ける親御さんたちも楽しみな反面不安もいっぱいだと思います。私も娘が1歳2カ月のときに保育園に預けました。生まれてからほとんどの時間を共に過ごしていた我が子を、保育士とはいえ他人に預けることに不安や寂しさもいっぱいでした。「ちゃんと大切に扱ってくれるかな」「悲しい思いをしないかな」など心配したらキリがない。怒涛のように慣らし保育が始まり、娘の泣き声に後ろ髪を引かれながら保育園を後にする日々。神戸で麻酔を使った胃カメラ検査を行うにはここでけれど親の心配より先に子供は順応していくもので、朝は大泣きして別れても迎えにいくとけろっとした顔。先生は迎えに来た私を見ると「お母さん、〇〇ちゃん切り替え早いですねぇ。朝、お母さんの姿が見えなくなると諦めついたみたいに泣き止んで、一人でブロックで遊びはじめましたよ!」と。笑いながら伝えてくれる内容に安心する反面、親以上に子供はずっと環境に適応する生き物だとつくづく思いました。その後も私の不安なんてなんのその。子供は先生と二人三脚でぐんぐん成長していきます。不思議と保育園ではとっても聞き分けがいいらしい我が子。でもある日、お友達とおもちゃの取り合いになったとき、先生に見つかるといつもは身を退く娘がその日は一歩も退かずおもちゃを奪取しに行ったそうです。それを見て先生は「〇〇ちゃんがあんなに我を出すなんて珍しい!〇〇ちゃん頑張れ!」と思ったそうな。その話をきいて、あぁ先生はちゃんと子供の性格や特性を見てくれているんだな。それを妨げず、見守ってくれているんだなと安心したのを覚えています。入園や進級で新しい先生との出会いが多いでしょうが、毎日子供に寄り添ってくれる先生は親が思っている以上に子供のよき理解者になってくれます。育児は親だけがするのではない。信頼を築いていきながら、安心して先生に預けてみれば子供はきっと成長してくれます。

幼稚園の先生のきめ細やかさに感動!

私の娘が通っている幼稚園での話です。
娘は年少さんで、奈良では保育園の話題を聞くとどこかではきっと今、自分の中でお手紙ブームがきています。家にあるメモ帳や折り紙の裏、時にはちらしの裏などにも「〇〇ちゃん、だいすき」などと書いて、翌日、幼稚園に持っていき、お友達に渡してきます。お返事が来ることもあれば、全国のおすすめ歯科医院のことはきっとお返事がないこともありますが、本人は特に気にしておらず、書くことに満足しているという感じです。せっかく文字を書くことに興味を示しているのだから、まあいいかと思い、好きにさせていました。
ある日、この神戸でインターナショナルスクールとは幼稚園の担任の先生にお手紙を書くと言い出し、メモ帳に「〇〇せんせいだいすき」と書いて持って行きました。読めるか読めないかの下手な文字で、折り方もぐちゃぐちゃ。一見すると、ゴミと間違えそうです。先生にご迷惑かなぁと思いましたが、まあ、要らなければ捨てるだろうと思い、持って行かせました。
インターナショナルスクールを神戸で体験するとその翌日、なんと先生が、可愛い便箋と封筒のレターセットにお手紙を書いて、お返事をくれたのです!
幼稚園で頑張っていることを褒めてくれるような内容で、娘のことを思って書いてくれたということがよくわかる内容でした。クラスには25人の園児がいるので、採用できる保育士さんは奈良の大和高田では今日みんなにお返事を書くのも大変だろうし、可愛いレターセットもお金がかかります。先生ご本人にも、子供が3人いるということで、とてもお忙しいと思います。忙しい業務の合間にわざわざお返事を書いてくれたのかと思うと、親である私の方がとても嬉しく感動しました。幼稚園の先生には、本当にいつも感謝です。

幼稚園の先生と流しそうめん

子供の幼稚園の卒園式が終わったある日のこと、そんなバイリンガルスクールでは神戸のここではママ友達と数名集まって、子供達の卒園と同時に結婚退職してしまった担任の先生に何かサプライズをしたいと話し合っていました。ママ友の1人は、自分自身で事業を立ち上げてみたいと考えているようなそんな行動的な人でした。その人が先生と一緒に流しそうめんをしたい、と言ってきました。この神戸ではインターナショナルスクールといえる私はよくあるオモチャを利用した流しそうめんでもするんだろうな、と思っていましたが、本物の竹を使って本格的な流しそうめんをして先生を驚かせたいとのことでした。確かに子供達にとっても一生の思い出になるかもしれないと思いました。ですが、竹をどこで手に入れたらいいのか、竹をどのように組み合わせて作ればいいのか、問題は山積みでした。これから保育園を奈良市内で決めるとするとももうそう言えば竹なら幼稚園に通う途中に生えているところがあると思い出しました。しかし、その竹は大きな家の隣に生えていて、誰かの所有地であり、無断で取るわけにもいきません。断られる覚悟を持ち、ドキドキしながら竹を分けてもらえないかと話すとあっさりOKとの返事を頂き、しかも、どうやって竹を切ったらよいか分からない私たちのために、所有地のご主人がノコギリで切って用意までしてくれたのです。東京で根管治療専門医を探すならここにはここがこのご主人の元には後日皆で菓子折りを持ってお礼に行きました。そうして、手に入れた竹をインターネットで流しそうめんが出来るように切って加工していくのですが、それこそが大変で1日かかってしまいました。卒園してから卒園のアルバムが渡されるお楽しみ会の日に先生をサプライズで誘い、流しそうめんをする場所に連れて行きました。ここでも評判になっている大和高田の保育園はもう流しそうめんは流れましたが、流れるそうめんに対して子供達の数が多く、あまりうまくいったとは言えない形でしたが、子供達、先生もその様子に大爆笑で楽しい会になりました。大変すぎたけれど楽しかった、忘れられない一生の思い出です。