病気で幼稚園を休みがちだった息子を決して見放さなかった先生。

今では中学生になり、風邪とも全く無縁で皆勤賞の息子。でも、年中さんから入園した幼稚園児の頃は、中耳炎を何度も繰り返し、幼稚園に通うよりも病院通いをする方が多いのではないかというくらい、休んでばかりいました。もう根管治療が専門の岡山の歯科医院は少しも探せず息子が登園していた幼稚園は、地元の私立幼稚園で、とにかく行事が多く、毎月必ず子供が舞台に立つイベントが用意されていました。幼稚園の先生も、そして子供たちも、踊りや日本舞踊、お茶に夕涼み会にお誕生会にクリスマス会・・・と、覚えるのに必死です。幼稚園を休みがちな息子は当然ついていけず、元気のない日が続きました。しかし、担任の先生は遅れをとっている息子を決して見放さず、根気よく丁寧に指導してくださいました。初めてのクリスマス会は地元の公民館を貸し切って行われました。この神戸でインターナショナルスクールとなれば練習についていけたかな?緊張していないかな?泣いていないかな?など、夫と私は心配しながら息子の出番を待っていました。すると、息子は家では見せないような、自信に満ちた、力強い表情で小さな兵隊さんの衣装に身を包み、闊歩して舞台に登場しました。しかも、鼓笛隊のリーダーに抜擢されていたのです!幼稚園を休んでばかりで、大和高田で保育士の求人を求めているところは練習もほとんど参加できなかった息子に、幼稚園の先生が用意してくれたサプライズでした。後になって先生に理由を尋ねてみましたところ、「息子さん、遅れをとっている自分をしっかりと自覚して、他の子の何倍もの練習と努力をしていましたよ。褒めてあげてくださいね!」とおっしゃって下さいました。大人になると、努力だけでは乗り越えられない壁がいくつも現われて、ときには心が砕けてしまうこともあるでしょう。でも、話題では奈良が保育園のことを調べるわけには幼稚園の先生が息子にくれた「努力をすれば活路が開ける」という教えは、ずっと心に残っていくし、今後生きていくうえで大きな自信になるに違いないと思います。病気がちだった息子を決して見放さず、根気よくお付き合いして下さった幼稚園の先生、そして園長先生には感謝でいっぱいです。

友達と仲直りをさせてくれた

幼稚園の時に、大好きな友達がいたんです。
Mちゃんといって、いつも一緒でした。そんなバイリンガルスクールでは神戸がここからもうところが、ちょっとしたいざこざから大ゲンカになってしまい、口もきかなくなってしまったんです。
本当は仲直りしたいのに、素直にそのことが言えなくて、私はMちゃんの姿を見るとついつい逃げてしまっていたんです。
きっと、Mちゃんも同じ気持ちだったと思うんです。
そして、先生はそんな私たちの気持ちに気がついてくれたと思うんです。
このホームページ制作の仕事は神戸からもうある日、先生から「ごめんなさいカード」というものをもらいました。ごめんなさいと言いたい人に渡すそのカード。先生は、謝るのはとても勇気がいるけれど、大切なことだと教えてくれました。
私は、次の日にMちゃんへ勇気を出してカードを渡しました。そして、Mちゃんも同じカードを私にくれました。それから、やっと仲直りができて、その後の遠足ではMちゃんと並んでお弁当を食べました。
もし、メディカルゲートで出会える理想のクリニックはここにあの時に先生が「ごめんなさいカード」をくれなかったら、もしかしたら私はMちゃんと仲直りしないまま卒園となったかもしれません。Mちゃんとは、小学校や中学校は別々だったのですが、ずっと仲良くしていました。このインターナショナルスクールを神戸で体験すると現在は年賀状のやり取りぐらいですが、その関係は続いています。先生には本当に感謝しています。

中学生の時の幼稚園での職場体験

中学生の時に、職場体験をする授業がありました。行き先は、保育園か幼稚園の2つの内どちらかを選び、兵庫県の神戸以内でインターナショナルスクールから半日職場体験をさせて頂くと言うものでした。但し自分が通っていた園が候補にある場合は、自ずとその園に行くことが決定していた為、私は母園である幼稚園に行くこととなりました。職場体験当日は全員ジャージで幼稚園にお邪魔し、先生方に挨拶をしてから「今日は子ども達と沢山遊んでね」と言葉を掛けられ、園児と中学生との遊びの自由時間が始まりました。どうしても人気の保育園を奈良の大和高田でもとは しかしそこは思春期に入っている人が多い時期の中学生です、女子生徒は子ども達と遊んでいましたが、男子生徒の多くは「遊ぶ」という行動に移れないようで、椅子に座っている所を子ども達にじっと見つめられると言うような様子でした。そんな中で自分も子ども達と遊びました。多くはエレメンタリースクールから神戸でなら自分には下の兄弟もおらず、近所にも年下の子どもがいた経験がなかったため、園児くらいの子ども達と遊ぶと言うのはこの時が初めてでした。それでも自分は小さい子ども達と遊ぶのは好きだと感じていたため、この日は初めこそ少人数の園児達と遊んでいたのが次第に大人数になって、友人の中学生も巻き込んで遊ぶようになりました。その様子を見ていた、この奈良では保育園の話題を聞くとどこへ行くか自分の幼稚園時代に担任だった先生に「○○さんは子ども達の先生になれるね」と言って下さいました。その時は嬉しいな、と言う気持ちくらいしか持っていませんでしたが、それが後のきっかけとなり幼稚園教諭・保育士資格が取れる大学へと通うようになりました。その結果保育園で働けるようになったのは、和歌山の痛みを抑えた胃カメラ検査でさがすからにはあの時の先生の言葉が嬉しかったからだと思います。

幼稚園の先生に姉弟そろって親子共々中学生までお世話になったこと

我が家は2歳違いでふたりの子どもがいます。神戸でインターナショナルスクールといえることには上が女の子、下が男の子で私立の3年保育の幼稚園に通いました。そこで姉弟そろって担任をしていただいた先生がいます。母である私より少し年上の女性の先生です。もうベテランで、新人の先生のサポートもするような先生でした。親子どちらの話もよく聞いてくれて、メディカルゲートはクリニック情報が満載にも毎日のお便りノートもきちんと読んで丁寧にお返事をくださる先生だったので、子育ての悩みや、トラブルがあった時の対処法など、いろいろな相談にのっていただきました。子どもたちがふたりとも無事に卒園した後しばらくして、我が家は市内で引っ越しをしました。保育園を奈良で見つけるのは大和高田ではもう すると思いがけずその幼稚園の先生と再会することに。ほんの数軒先のご近所さんになったのです。先生は相変わらず忙しそうで、普段はなかなかお会いする機会がありませんでしたが、子どもたちが先生のお子さんと同じ中学校に通うため、お子さんの制服やカバンなど、学用品のお下がりをくださいました。子どもたちは幼稚園の頃のことをすべて覚えているわけではないし、一人で奈良で話題の保育園を大切にしたいとはいえ大きくなってくると照れくさそうで、そんなにお話することもありませんでしたが、私はそれからも、お時間をいただいて喫茶店で子育ての相談にのっていただいたり、地域のあれこれを教えていただいたりしました。こどもが神戸でインターナショナルスクールをもっとまさかそこまで長くお世話になるとは思わず、とても頼りになる先生で感謝しています。