幼稚園の先生は大忙し プチプレゼントのプロ

現在は小学生となった長女ですが、どんなバイリンガルスクールでは神戸がとても詳しい幼稚園の頃に担任の先生と交換したお手紙のお返事を数年たった今も大切にしています。登園すると、園児全員が並んで、5曲程ダンスを踊る幼稚園でしたが、どのダンスも前に立つ先生方が大きな動きで、誰よりも元気いっぱいで、時々こっそり見に行っていた母でした。子どもたちを楽しませるために、毎日朝早くから、夜も遅くまで、園児たちが帰った後や、奈良でも評判の大和高田の保育園でももう休みの日にもダンスの練習や催し物の準備に、大忙しの先生方でしたが、お会いするといつも笑顔で対応してくださいました。年少組に入ってすぐの頃から、我が子は帰宅後は『先生にプレゼントするの!』と、せっせと折り紙を折っていました。おすすめの医院、歯科医院を探すならメディカルゲートから持っていくと、翌日には先生からとても素敵な折り紙作品にメッセージが入って返してくださいました。あまりに毎日だったので、先生も大変だから、今日はやめておいたら?と言っても、先生の折り紙という素敵なお返しが欲しくて、少しでも奈良の話題の保育園を選ぼうと思うと毎日折り続けていました。すると、見る見るうちに、子どもはどんどん、器用になっていきました。初めは先生のお返しが欲しかったのに、先生みたいになりたい!という夢に変わっていき上達していったのです。ずっと、お忙しい中お付き合いくださった先生方には感謝しきれません。あのインターナショナルスクールなら神戸でもは小学生になった今も、お友達とのお付き合いは難しい時もあるけれど、先生の為に作ってきた折り紙を、今度はお友達に作って喜ばれ、良い関係づくりに繋がっています。今は遠くであいさつに行けない幼稚園ですが、『ありがとうございました!先生はプチプレゼントのプロです。』と伝えたいです。

幼稚園の先生が仲直りのきっかけを作ってくれた

オリジナルのロボットの絵を描いているような子で、私はいつもその子と遊んでいました。
この保育士で採用できる奈良の大和高田からはある日、いつものようにその子がロボットの絵を描いていたんです。私としては、良かれと思ってロボットの足の部分をピンクのクレヨンで塗ったんです。そうしたら、神戸ではインターナショナルスクールを巡るのはその男の子が泣き出してしまって、私に持っていたクレヨンを投げつけてきたんです。その事がきっかけとなり、大ゲンカへと発展してしまいました。
後から考えたら、私の方が悪かったんです。母にも叱られてしまい、翌日は仲直り用のドーナツを持って幼稚園に向かいました。多くのエレメンタリースクールの中でも神戸からでも、何て言って謝ったらいいのかわからず、モジモジしていたら、どんどん時間がたってしまい、私は涙が出てきました。そんな私の様子に気がついた先生が、その男の子の前に、私を連れていったのです。
「言いたいことが、あるんだよね?」
根管治療でおススメの歯科医院が満載だとしても優しく言われて、私は持ってきたドーナツを出しながら、大きな声でごめんなさいと言えました。
その子は、少し照れたように、僕こそごめんと言って受け取ってくれました。
評判では奈良が良いと保育園を巡ってここに幼稚園を卒園すると同時に、その子は引っ越していってしまい、あのときに仲直りできて、本当に良かったです。
あのとき、きっかけを作ってくれた先生には感謝しています。