先生にもう一度会いたいと夢にまでみた話し

0歳から未満児で入園させている娘と担任の先生との話です。娘は11ヶ月で入園し、この多くのエレメンタリースクールの中で神戸からは伝い歩き程度でまだまだ手のかかる時期でした。娘のクラスは1歳児も一緒になっており、園児は30人程度いたと思います。先生は5人配属されていました。先生方はとても親切でまた、家でみる以上にコップでの飲み方やスプーンの使い方等教えて頂き、仕事に追われていた家族にとって、とても園での生活の教えはありがたく感じていました。娘も段々と言葉が話せるようになり、4月生まれだったこともあり、もう市川市で痛みを極力抑えた胃カメラ検査ならと学年の子よりも成長が早く、大人の会話の理解も十分できるくらいになり、先生達とも楽しく毎日おしゃべりしていると連絡ノートで様子を教えてもらいました。娘も一番は担任の先生がお気に入りだったようで、家に帰り「今日誰と遊んだの?」と聞くと「○○(担任)先生!」と、お友達の名前よりも先生の名前が一番に出てくる毎日でした。そんな担任の先生ですが、娘が1歳の終わりに、ご懐妊され、退職することとなりました。日に日に大きくなる担任の先生のお腹を見て、他の先生のお腹を差しながら「先生も赤ちゃんいるの?」と聞いていたそうです。ついに、担任の先生が退職される日、もうしばらく会えないとわかると泣きながらお別れしました。しばらくしょんぼりしていた娘でしたが、半年程し、急に朝、「今日○○(退職された担任)先生の夢みたのー!」と嬉しそうに話していました。なんと、ホームページ制作って神戸からはとってもいいいとも その日の昼間、退職された担任の先生が顔を出しに園に来て頂き、娘は大喜びだったようです。予知夢を見たような気がして、不思議でなりませんでしたが、娘が喜ぶ事ができ良かったです。

姉御肌で憧れだった先生

私が通っていた幼稚園の担任の先生はこんなにエレメンタリースクールなら神戸ではあのとても男気があって美人(もう20年以上前の事なので私の記憶の中では可愛らしい感じのルックス)な先生でした。私は当時いたずらっ子の部類に入っていたと思います。同じようないたずらっ子3人組の友達たいつもいたずらをしていました。一番奈良で話題の保育園がどうしてこんなにも当時幼稚園児のクセに女の子のスカートめくりが流行っていて悪ガキ3人組で女の子のスカートをめくりまくっていました。すると担任の先生から最初は優しく注意されてと思いますが、悪ガキ3人組は言うことを聞かないので、だんだん先生も怒りはじめしまいには、東京や大阪でのおすすめ医院情報なら少しどんなにもみあげを捕まれ引っ張られてこっぴどく怒られました。今でも覚えていますが、もみあげって引っ張られるとけっこう痛いんです。今の時代でそれをやったら児童虐待など言われるかも知れませんが、保育士を採用できる大和高田のようなところでも当時は軽く頭をこずかれる程度は日常茶飯事だったので先生達も普通に怖かったですね。そんな男らしい先生も、もちろん優しい時もありました。美人な先生だったので私も密かに憧れていて他の友達には内緒でお手紙を書いたり、折紙で作った紙飛行機などを先生に渡すととても喜んでくれました。先生もお手紙の返事を返してくれたり、工作の作品や絵を書いて先生に見せた時はとても褒めてくれました。アメと鞭を上手に使いこなしてる先生で、どうやって神戸のインターナショナルスクールから他の友達からもとても人気のある先生でした。もちろん私も大好きな先生でした。

幼稚園の先生の優しい見守り

私の息子は幼稚園に通っています。今、年中さんです。神戸もインターナショナルスクールと呼べるかは穏やかで繊細で優しいタイプの子供です。日々のお友達とのかかわりの中で、おともだちに叩かれてしまったことがありました。息子は「やめて」と伝えたようですが、おともだちがさらに叩いてくることもあったとのこと。息子は自分が叩かれる理由がわからないようで悩んでいました。クリニックの強みを訴求できるメディカルゲートならでの時に隣のおともだちに叩かれてしまうようで、「もしかしたら、僕の歌う声が大きくて嫌だから叩くのかな。。。」と息子はひどく落ち込んでいる日もありました。私も心配になったため担任の先生に相談をしました。担任の先生からは特におともだちとの関係の話は今までなかったため、あの奈良でも評判の大和高田の保育園ではとても息子が話をしてくれたことを先生に確認したところやはり叩かれてしまうことがあったとのことでした。翌日先生が息子とお話をしてくれました。お歌を歌ってほしい事、おともだちにたたかれたりしたら先生にも話してほしい事、困ったことがあったらなんでも相談してほしい事を話してくれたようです。叩くおともだちとも先生含め三人でお話ができ、「ごめんね」を言ってもらえたようで、その日のお迎えの時、息子はとても晴れ晴れとした表情をしていました。この奈良では保育園の評判が良いのではといっても小さい子供の集団の中では、先生の存在はとても大きなものだと思います。先生がわかってくれたこと、見てくれていることが安心につながるのだと感じました。たくさんの子供がいる中で、じっくりゆっくりと一人一人を見ることは大変難しいことだと思います。そんな中でも、神戸からインターナショナルスクールからでも毎日子供たちの安全を守り、時に厳しく時にやさしく見守ってくれている幼稚園の先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

大好きな幼稚園の先生がプレゼントであげた花飾りをずっとつけてくれていた思い出

私には、とてもよく記憶に残っている幼稚園の先生が1人います。その先生は違う組の若い女の先生で、恥ずかしながら、こんなにバイリンガルスクールが神戸の中にももう私にとっての初恋の相手でした。当然、私は当時幼稚園児でしたから、初恋も何もないのですが、可愛い顔の先生の優しい笑顔が大好きで、休み時間のたびに先生の組を覗きに行って、手を振って帰ってくるのが日課でした。先生はいつでも、優しく手を振り返してくれました。ある時、私は先生にプレゼントしようと思って、折り紙でお花を作って、安全ピンをつけて花飾りにしました。先生にあげると、とても喜んでくれました。それだけでも私は十分満足していたのですが、先生はそれから毎日、胸に私の作った花飾りをつけていてくれました。なんだか恥ずかしいような誇らしいような、根管治療でおすすめの東京の歯科医院はここからは子供ながらに不思議な感覚の毎日でした。そして、ある時、先生は結婚して先生を辞めることになりました。自分の組の園児でもないのに、先生は私のところにお別れの挨拶に来てくれました。最初は先生らしく、私にこれからも頑張るように言って聞かせてくれたのですが、途中から先生も泣き出してしまい、私もつられて泣いてしまいました。最後に、先生は手作りの折り紙の花飾りを私にプレゼントしてくれました。私があげた花飾りと同じ形に折った、色違いの花飾りでした。私にとって、人生最初の宝物になりました。先生のおかげで、私は人を好きになるということ、どうして神戸ではインターナショナルスクールとは好きな人にプレゼントをすることの喜びを知ることが出来たと、今でも感謝しています。私の自宅の机の上には、今も2つの色違いの花飾りの片方が、小さく咲き誇っています。