保育園の保母さんのおかげです❣

現在31歳の息子と24歳の娘は、0歳児の時から保育園にお世話になりました。
下の子はともかく初めての上の子は難産の末に生まれてきたので、奈良の大和高田で採用できる保育士は実母に預けようと思っていたのですが、実母が少し具合が悪くなって、すぐ近所に保育園があったのでそこに入れようと思い、何度も市役所に通いました。0歳児は狭き門で定員3名、何とか必死で市役所にかけあって入ることができました。
 今でもそうですが、息子は鼻が少し弱いようで、初日から凄まじい青っ洟で迎えに行った時にこちらも半泣きになりそうでした。一人で奈良で話題の保育園を大切にすると入園してしばらくは耳鼻科通いが続きました。
 でも先生はとてもベテランの良い先生で、運動能力の優れている他の2人についていけない我が息子を手鳥足取り、丁寧に世話をしてくださり、歩くのも早く、おむつもあっという間に取れて、母親として何もせずに殆ど保母さんにお世話になって育てたって感じでした。
 初めての生活発表会、0歳児って何をするんかいなと思っていましたが、先生お手製の手編みのお揃いの帽子をちょこんと被らせてもらって、太鼓をたたいたり、音楽に合わせて踊ったり手を叩いたり、本当に可愛らしくて涙が出るほど嬉しかったです。
 その先生は先生ご自身がお子様がいらっしゃらないので、時間があったのかもしれませんが、手編みのノンタン風の耳のある帽子、私は1つだって作る自信がありませんけど、色違いで3つも作った上に発表会が終わったら、気前よくそれを各自にくださいました。
 次のクラスでは担任ではなくなってしまいましたが、うちの子たちひよこからの3人をとても可愛がってくださって、保育園にはいい思い出しかないです。素晴らしい先生でした。

昆虫が好きな自分と幼稚園の先生

幼稚園の先生はやはり穏やかで人格者なことが多いのですが、子供の色々な趣味や性格を認めてくれるのも嬉しい点ですね。自分が幼稚園のころはあまりスポーツなどが好きではなかったのですが、奈良で大和高田で保育士を採用しようとその分色々な勉強が好きであり、百科事典などをまだあまり意味も分からず読んでいた記憶があります。特に昆虫が大好きであり、図鑑などで色々な知識を学ぶのがとても好きでした。こう言ってはなんですがこの頃からオタク気質だったのでしょう。外に行くのもスポーツなどではなく昆虫採集などが多かったのですが、幼稚園の庭でも様々な虫が取れたのも良い思い出です。話題では奈良が保育園のことをとても昆虫好きにはよくあることなのですが、昆虫が取れたら誰かに見せたくなりそれが原因で女子などに嫌われることもありました。幼稚園などでもそういったこともあったのですが、やはり先生だけは真剣に付き合ってくれたのは非常に嬉しかったですね。当時は先生が昆虫の話を聞いてくれるからきっと先生も昆虫好きに違いないと思い込んでいたのですが、後からそこまで好きじゃないということが分かり恥ずかしくなりました。それでも子どもの好きなことを否定せずに認めてくれる姿勢というものは、やはり幼稚園の先生としては大変に素晴らしいものだなと今でも思っています。

幼稚園時代のまり先生の思い出

幼稚園バスから幼稚園の園内に降り立つ園児たちに笑顔で挨拶を返す一人の先生がいる。人気の保育園を奈良の大和高田でも私のうぐいす組(年長クラス)の担任のまり先生である。先生はいつも園児たちの細かいしぐさや出来事を見ていてくれた。砂場遊びでどろ団子が作れた時、お父さんとお母さんの似顔絵をクレヨンで画用紙に描けた時、
七夕の短冊に書く願い事が思い浮かんだ時、おいもほりで大きなさつまいもが掘れた時。いつも万遍な笑みで自分事の様に褒めてくれた。先生の優しい笑顔や言葉が大好きで、いつも発見や工作、口コミすると奈良の保育園でもここが歌を覚えた時は先生の前に飛んで行って披露した。そんなある日、先生に叱られてしまった。理由はおともだちをプラスチックのおもちゃの剣で叩いてしまったからである。先生に「おともだちに謝りなさい」と言われても私は一向に謝れなかった。なぜならば、普段からおともだちに悪口を言われ続けて怒りを溜め込んでいた末の行動であったからだ。言葉にならずその場で泣き崩れた。少しの時間が経って先生に優しく理由を尋ねられた。私が理由を話すと先生は「どんなに怒ってもおともだちに痛い事をしたらダメよ。でもね、嫌な事を言われて続けて辛かったよね。」と優しく抱きしめてくれた。その後に、おともだちの前でごめんねと素直に謝る事ができた。先生の眼差しはいつもの万遍な笑みで私と仲直りしたおともだちを包みむ。

わたしより先生が大好きな子ども

わたしは子どもが3人いてそれぞれ先生が大好きなのですが、その中でも真ん中の子が先生大好きっこです。毎日保育園から帰りたがらないし(虐待を疑われないか心配になるほど)、口コミで奈良なら大和高田の保育園がその先生の勤務時間が過ぎていても引き渡しに玄関まで連れてきてくれていました。家でもその先生の話が必ず出ています。あまりにもその先生になつき、付きまとっていたので、先生に嫌われていないかな?と不安になっていたのですが、ある時外で偶然その先生と我が子を含む子どもたちが触れ合っているところを目撃しました。一人で奈良で話題の保育園を大切に我が子のこの上なく嬉しそうな表情もそうですが、その先生が本当に楽しそうに子どもたちと遊んでいる様子を見て、「そりゃあこの先生のことを自分よりも好きになるよな」と思いました。先生が子どもと遊ぶのは当たり前のことかもしれませんが、自分にとってその先生の、本当に心から子どもたちのことが大好き!という表情が心に残りました。そしてこの先生になら、安心して子どもたちを預けられると思いました。もちろん優しく子どもたちと遊ぶだけでなく、その先生が子どもたちを叱っているところも見たことがありますが、信頼関係がしっかりと築けているためか子どもたちは先生の話をきちんと聞いて反省し、より一層先生のことが大好きになっているように感じます。

母が来なかった参観日!幼稚園の先生に感謝

子供の頃、私はすごくおとなしくて言いたいことを友達や先生にしっかりと言えなかったり、みんなと楽しく遊んだリすることができない子でした。幼稚園児でも女子グループはできており、保育士で採用できる奈良の大和高田では私は中に入れずポツンと1人で遊んでいたら、よく先生が話しかけてくれて一緒に遊んでくれたのを覚えています。参観日の朝、母が「ごめん、お母さん熱あるみたい。今日参観日行けない」と言ったので泣いてしまったんですよね。他の子のお母さんはいっぱいくるのに、私の母は来ないのですごく心細くなりました。参観日の間、母がいないことが辛くて涙が出そうになった時に、先生がみんなの前で私の絵を褒めてくれたんです。私は絵を描くことが好きでした。先生が「とても素敵な絵だね」と言うと、みんなが拍手をしてくれて寂しい気持ちや悲しい気持ちが一気に吹き飛んでしまったんです。その後笑顔で過ごすことができました。評判では奈良が良いと保育園を今思うと先生は私の様子をずっと見ていて、心配してくれていたんだなぁとわかります。あんなに優しい先生はなかなかいないので、大人になった今でも幼稚園の先生のことを忘れずにいます。今も元気でいてくれるといいなぁと思っています。できるなら、またあの先生に会いたいですね。

笑顔で一緒に「子育て」してくれる保育士さんに感謝

私の職場復帰に伴って1歳の息子を保育園に入園させるにあたり、息子には寂しい思いをさせてしまうんじゃないかと、私自身ナーバスになっていました。求人の保育士を奈良の大和高田では息子はまだおしゃぶりが無いと寝られず、お昼寝もできずに辛い時間を過ごすことになってしまわないかとも心配していました。しかし、慣らし保育中は泣いたり少し不安定になったものの、「待ってたよ~!」と毎日笑顔で私と息子を迎えてくれる保育士さんに、息子は数日ですっかり懐いてしまいました。そしてなんと保育士さんの判断で保育園ではおしゃぶり無しで過ごす(お昼寝時も)ことになり、奈良で評判の保育園を口コミするなら保育士さんのガッツによりおしゃぶり無しでのお昼寝に成功(最初はやはりおんぶでの寝かしつけでしたが、その後数日で自分でお布団まで行って寝るようになりました)。いつも明るく前向きで、息子のことを受け入れてくれる保育士さんのおかげで息子は本当に大きく成長しました。他にも、言葉の遅い息子の発語の兆候にいち早く気づいてくれて一緒に喜んでくれたり、雨の日でも工夫を凝らして室内でたくさんの新しい遊びを体験させてくれたりと、私一人だけで世話をしていたら抱え込んでいたであろうことを保育士さんと共有できることで私自身も大変楽になりました。

幼稚園の先生に救われました。

私の親は今でいう「毒親」でした。褒めることはもちろん、気持ちに寄り添ったりしてくれたことは一度もありませんでした。子どもを奈良の保育園に口コミで入れるには年長で幼稚園に通い始めた時、担任になった先生がすごく優しくて色んなことを褒めてくれる先生でした。最初、子供ながらに「どうして私が笑うと先生も笑うんだろう」と疑問に思っていました。家では私が嬉しそうにしたら母はなぜか機嫌が悪くなるからです。容姿に関してもよく罵声を浴びせられていました。でも担任の先生は母とは真逆のことばかりするので、私は混乱してしまったのです。そのことを何の気なしに先生に話すと、先生は一瞬驚いたような顔をしましたが、直ぐに笑顔になりました。評判になっている大和高田の保育園はそして私と目線を合わせて「あなたが笑ったら先生は幸せな気持ちになるんだよ。あなたの笑顔はみんなを元気にする力があるんだよ。」と頭を撫でながら言ってくれました。嬉しくてたまらなくて、私はその言葉を宝物にしました。それ以来、母からキツくあたられても、その言葉を思い出していました。私の心の拠り所だったのです。先生とは社会人になるまで年賀状などのやり取りをしていました。先生は私の気持ちを知ってか知らずか、いつも手紙の最後には「今もチャーミングな笑顔で笑っていますか」と添えてくれました。その先生の存在があったから今の私があります。本当に素晴らしい先生でした。

とても大好きなニコラス先生

息子の通う保育園では、年中組から英会話の保育が月に2度行われています。海外の英語圏から来日した先生がレクリエーションをしながら、この口コミの奈良を保育園からはネイティブの発音を教えるというもので、本格的な英語を楽しく学べるので、保護者からも園児たちにも人気の保育です。昨年の英会話の担当はオーストラリア人のニコラス先生でした。身体が大きくて陽気な先生で、園児たちもみんなニコラス先生が大好きでした。息子は特にニコラス先生が大好きで、英会話を心待ちにし、保育中はずっとニコラス先生のそばから離れようとしなかったそうです。しかし、悲劇は突然訪れました。昨年の10月、ニコラス先生のお父さんが体調を崩してしまい、奈良で大和高田の保育士を求人でニコラス先生は急遽、帰国しないといけなくなりました。病気は思いの外重く、ニコラス先生は英会話の講師を辞めて、看病に専念しないといけなくなりました。それを聞いた息子は泣き崩れました。どんなに慰めても涙が止まりませんでした。悲しみに暮れる息子の元に一通の手紙が届きました。オーストラリアのニコラス先生からでした。先生は息子たちが読めるように平仮名だけで書かれた手紙を園児たち全員に出してくれたのです。嬉しかった息子は何度も何度も手紙を読み直しました。そして息子にとってその手紙は宝物となりました。今、息子の一番行きたいところはもちろん、オーストラリアです。いつかニコラス先生と再会できることを夢見て、月2回の英会話を頑張っています。

アレルギー児・涙と笑顔の入園見学

アレルギー体質の娘。卵と乳製品の数値が高く、除去をして対応していました。採用保育士が奈良では大和高田の幼稚園入園の時期になっても状況は変わらず。それでも、よくあるアレルギーという感覚しかなく、問題視していませんでした。それが大きな間違いであったことに気付いたのは願書受付の時。卵のみなら除去可能だが、乳製品の除去はできないため、お弁当での対応になる、と言われてしまいました。奈良で口コミをする保育園は自分の考えの甘さを痛感し、母に相談。入園時期をあと1年遅らせ、その間に食べられる物を増やしていくことを考えてもいいのでは?と。ほとんどの幼稚園が休職センターを利用していたこともあり、他の幼稚園も似たり寄ったりの対応でした。しかし、ダメ元で相談に行った幼稚園の園長先生は、アレルギーなんて何のその。うちにはマルチなアレルギーの子も給食で対応しています、と。園長先生とマンツーマンの状態で園内を案内され、子供は飛び入り参加で歌を歌ったりお遊戯をしたり。その様子を見て、『2年保育にするなんて勿体ない。こんなに順応できる性格のお子さんなら、きっと楽しい幼稚園生活を送ることがでれますよ。』と言っていただき、園長先生の人柄と、ホッとしたのとで、子供は笑顔、私は涙、の幼稚園見学となりました。小規模の幼稚園だったので、入園後もすべての子供たちを先生が把握してくれており、アレルギー以外のことも安心してお任せすることができました。卒園後も、小学校の運動会を見に来てくれたりと、温かい関係は続いています。この園風に惹かれて集まったママ友も一生の友達になると思っています。

四度の出会い

私の初恋の相手は保育園の先生でした。初恋といっていいのか分かりませんが、とにかく大好きな先生がいました。奈良でも評判の大和高田の保育園ではいつもその先生にべったりで、お昼寝の時間も先生がそばにいてくれないと寝付けない迷惑な子供だったようです。保育園を卒業した後、勿論その先生とはお別れになってしまうわけですが、幸か不幸か、小学二年生のとき、両親が共働きで不在であったため私は例外的にその先生に個人契約でお世話をしてもらうことになりました。これから保育園を奈良市内でその時は両親がずっと不在でいてくれたらいいのにと、不遜なことを考えていました。その先生とはそれ以来連絡先を交換するほど仲良くなり、なんと20歳の成人式の時には、わざわざ市役所のホールまで来てくれてお祝いをしてくれたのです。私と同じ保育園に通っていた友人が10人ほどいましたが、みんなその先生が大好き。すぐにみんなを集めて記念写真を撮りました。そのころ先生はもう20代後半でしたが、20代後半でも通じるくらい、すごく若々しかったことを覚えています。そしてその5年後、私が結婚する時にもお祝いに駆けつけてくれました。まだその先生が独身であったことをそこで初めて知り、もっと早く知ってたら結婚してたのに、と一瞬だけ思いました。それくらい、大好きな先生です。