幼稚園の先生に姉弟そろって親子共々中学生までお世話になったこと

我が家は2歳違いでふたりの子どもがいます。神戸でインターナショナルスクールといえることには上が女の子、下が男の子で私立の3年保育の幼稚園に通いました。そこで姉弟そろって担任をしていただいた先生がいます。母である私より少し年上の女性の先生です。もうベテランで、新人の先生のサポートもするような先生でした。親子どちらの話もよく聞いてくれて、メディカルゲートはクリニック情報が満載にも毎日のお便りノートもきちんと読んで丁寧にお返事をくださる先生だったので、子育ての悩みや、トラブルがあった時の対処法など、いろいろな相談にのっていただきました。子どもたちがふたりとも無事に卒園した後しばらくして、我が家は市内で引っ越しをしました。保育園を奈良で見つけるのは大和高田ではもう すると思いがけずその幼稚園の先生と再会することに。ほんの数軒先のご近所さんになったのです。先生は相変わらず忙しそうで、普段はなかなかお会いする機会がありませんでしたが、子どもたちが先生のお子さんと同じ中学校に通うため、お子さんの制服やカバンなど、学用品のお下がりをくださいました。子どもたちは幼稚園の頃のことをすべて覚えているわけではないし、一人で奈良で話題の保育園を大切にしたいとはいえ大きくなってくると照れくさそうで、そんなにお話することもありませんでしたが、私はそれからも、お時間をいただいて喫茶店で子育ての相談にのっていただいたり、地域のあれこれを教えていただいたりしました。こどもが神戸でインターナショナルスクールをもっとまさかそこまで長くお世話になるとは思わず、とても頼りになる先生で感謝しています。

先生と一緒に走りきったマラソン大会

それは娘が年長の時の12月でした。小学校入学前のマラソン大会ということで800メートルを走ります。根管治療でおすすめの東京の歯科医院はどこから娘は足には自信があり、たいていのかけっこは1番でしたので、このマラソン大会をとても楽しみにしていました。でも念には念を入れてか、2週間前から毎日公園を走って練習までしていました。母親の私も、がんばる娘を応援しつつ、娘のことだから本番もきっと大丈夫だろうとあまり心配はしていませんでした。そして迎えた当日、もっとホームページ制作の仕事が神戸でいえることで雲ひとつないまさにマラソン大会日和でした。「あとで応援に行くからね!」「絶対金メダルもらうね!」そんな会話の後、娘は元気に登園していきました。数時間後、スタートは順調、もちろん1位です。ちょっと苦しくなってきたね、でも大丈夫大丈夫、がんばれ!ゴール手前、もう少し、その瞬間でした。転んでしまったのです。小さなが膝が血まみれに。私はすぐに娘のところに走り出しそうになりました。でも私よりも先に駆けつけてくれたのは、3年間お世話になった先生でした。1位だった娘を横目にみんなが通り過ぎ、後にはもう誰もいなくなりました。先生は娘の膝にハンカチを巻き、こんなバイリンガルスクールでは神戸のどこかで起き上がって大粒の涙をこぼしながら走る娘に寄り添って一緒にゴールをしてくれました。たくさんの友だちからの拍手を受け、娘は少し照れくさそうな様子もみせていました。あれからちょうど10年経ちましたが、娘はこの時のことを今も鮮明に覚えているそうです。そして、そんな幼稚園の先生になりたいといつも話しています。

保育園の先生との触れ合い

春になり保育園、幼稚園は入園や進級のシーズンですね。多くのエレメンタリースクールの中で神戸から新しい環境に身を置く子供たちは勿論のこと、子供を預ける親御さんたちも楽しみな反面不安もいっぱいだと思います。私も娘が1歳2カ月のときに保育園に預けました。生まれてからほとんどの時間を共に過ごしていた我が子を、保育士とはいえ他人に預けることに不安や寂しさもいっぱいでした。「ちゃんと大切に扱ってくれるかな」「悲しい思いをしないかな」など心配したらキリがない。怒涛のように慣らし保育が始まり、娘の泣き声に後ろ髪を引かれながら保育園を後にする日々。神戸で麻酔を使った胃カメラ検査を行うにはここでけれど親の心配より先に子供は順応していくもので、朝は大泣きして別れても迎えにいくとけろっとした顔。先生は迎えに来た私を見ると「お母さん、〇〇ちゃん切り替え早いですねぇ。朝、お母さんの姿が見えなくなると諦めついたみたいに泣き止んで、一人でブロックで遊びはじめましたよ!」と。笑いながら伝えてくれる内容に安心する反面、親以上に子供はずっと環境に適応する生き物だとつくづく思いました。その後も私の不安なんてなんのその。子供は先生と二人三脚でぐんぐん成長していきます。不思議と保育園ではとっても聞き分けがいいらしい我が子。でもある日、お友達とおもちゃの取り合いになったとき、先生に見つかるといつもは身を退く娘がその日は一歩も退かずおもちゃを奪取しに行ったそうです。それを見て先生は「〇〇ちゃんがあんなに我を出すなんて珍しい!〇〇ちゃん頑張れ!」と思ったそうな。その話をきいて、あぁ先生はちゃんと子供の性格や特性を見てくれているんだな。それを妨げず、見守ってくれているんだなと安心したのを覚えています。入園や進級で新しい先生との出会いが多いでしょうが、毎日子供に寄り添ってくれる先生は親が思っている以上に子供のよき理解者になってくれます。育児は親だけがするのではない。信頼を築いていきながら、安心して先生に預けてみれば子供はきっと成長してくれます。

幼稚園の先生のきめ細やかさに感動!

私の娘が通っている幼稚園での話です。
娘は年少さんで、奈良では保育園の話題を聞くとどこかではきっと今、自分の中でお手紙ブームがきています。家にあるメモ帳や折り紙の裏、時にはちらしの裏などにも「〇〇ちゃん、だいすき」などと書いて、翌日、幼稚園に持っていき、お友達に渡してきます。お返事が来ることもあれば、全国のおすすめ歯科医院のことはきっとお返事がないこともありますが、本人は特に気にしておらず、書くことに満足しているという感じです。せっかく文字を書くことに興味を示しているのだから、まあいいかと思い、好きにさせていました。
ある日、この神戸でインターナショナルスクールとは幼稚園の担任の先生にお手紙を書くと言い出し、メモ帳に「〇〇せんせいだいすき」と書いて持って行きました。読めるか読めないかの下手な文字で、折り方もぐちゃぐちゃ。一見すると、ゴミと間違えそうです。先生にご迷惑かなぁと思いましたが、まあ、要らなければ捨てるだろうと思い、持って行かせました。
インターナショナルスクールを神戸で体験するとその翌日、なんと先生が、可愛い便箋と封筒のレターセットにお手紙を書いて、お返事をくれたのです!
幼稚園で頑張っていることを褒めてくれるような内容で、娘のことを思って書いてくれたということがよくわかる内容でした。クラスには25人の園児がいるので、採用できる保育士さんは奈良の大和高田では今日みんなにお返事を書くのも大変だろうし、可愛いレターセットもお金がかかります。先生ご本人にも、子供が3人いるということで、とてもお忙しいと思います。忙しい業務の合間にわざわざお返事を書いてくれたのかと思うと、親である私の方がとても嬉しく感動しました。幼稚園の先生には、本当にいつも感謝です。

幼稚園の先生と流しそうめん

子供の幼稚園の卒園式が終わったある日のこと、そんなバイリンガルスクールでは神戸のここではママ友達と数名集まって、子供達の卒園と同時に結婚退職してしまった担任の先生に何かサプライズをしたいと話し合っていました。ママ友の1人は、自分自身で事業を立ち上げてみたいと考えているようなそんな行動的な人でした。その人が先生と一緒に流しそうめんをしたい、と言ってきました。この神戸ではインターナショナルスクールといえる私はよくあるオモチャを利用した流しそうめんでもするんだろうな、と思っていましたが、本物の竹を使って本格的な流しそうめんをして先生を驚かせたいとのことでした。確かに子供達にとっても一生の思い出になるかもしれないと思いました。ですが、竹をどこで手に入れたらいいのか、竹をどのように組み合わせて作ればいいのか、問題は山積みでした。これから保育園を奈良市内で決めるとするとももうそう言えば竹なら幼稚園に通う途中に生えているところがあると思い出しました。しかし、その竹は大きな家の隣に生えていて、誰かの所有地であり、無断で取るわけにもいきません。断られる覚悟を持ち、ドキドキしながら竹を分けてもらえないかと話すとあっさりOKとの返事を頂き、しかも、どうやって竹を切ったらよいか分からない私たちのために、所有地のご主人がノコギリで切って用意までしてくれたのです。東京で根管治療専門医を探すならここにはここがこのご主人の元には後日皆で菓子折りを持ってお礼に行きました。そうして、手に入れた竹をインターネットで流しそうめんが出来るように切って加工していくのですが、それこそが大変で1日かかってしまいました。卒園してから卒園のアルバムが渡されるお楽しみ会の日に先生をサプライズで誘い、流しそうめんをする場所に連れて行きました。ここでも評判になっている大和高田の保育園はもう流しそうめんは流れましたが、流れるそうめんに対して子供達の数が多く、あまりうまくいったとは言えない形でしたが、子供達、先生もその様子に大爆笑で楽しい会になりました。大変すぎたけれど楽しかった、忘れられない一生の思い出です。

幼稚園のときの遠足で食べたお弁当の話

私が幼稚園生のときに母親が病に倒れ、病院にずっと入院していました。これらの多くはエレメンタリースクールから神戸当然、物心がついていない頃だったので日々の詳しい記憶は残っていませんが、母親が家にいないこともあり、また父親が料理を一切しない人だったこともあってインスタントラーメンやパンを毎日食べていたことはよく覚えています。遠足で近くの動物園に行った日のことですが、お昼ご飯の時間になったときに私だけお弁当がなくて泣きそうになっていました。みんなママが作ってくれたお弁当を早く食べたいと言っているのに、母親が入院していたこともあって私にはお弁当がありませんでした。メディカルゲートがおすすめするクリニックでもあまりにも惨めだったので今でもそのときの光景をよく覚えていますが、みんながお弁当を食べ始めたときに自分だけお弁当がないことがあまりにもつらくて号泣しました。すると、若い女性の先生が何故か私にお手製のお弁当と水筒を持ってきてくれました。どうして先生が私のお弁当を作ってくれたのか分からず、しかしとても嬉しかったので再び号泣しました。大人になってから父親にこのときの話を聞いて初めて知ったのですが、実は父親はスーパーで買った菓子パンを私に持たせていたそうです。ですが遠足の出発前にそれを知った若い女性の先生があまりにも可哀想だと思ったらしく、急遽、家に帰ってお弁当を作ってくれてそれを遠足で訪れた動物園までわざわざ持ってきてくれたとのことでした。先生達の前で泣きながら美味しいお弁当を食べたのを今でもはっきり覚えています。悔しいのと恥ずかしいのと嬉しいのと、母親が入院して家にいないことを寂しく感じ、そして先生が私の為に作ってくれたのがとにかく嬉しくて泣きました。これまでの人生で色んなお弁当を食べてきましたが、最も思い出深いのは先生が作ってくれたこのときのお弁当です。情けないことにその先生の名前も顔も覚えていませんが今でもとても感謝しています。あのときの先生には心からありがとうと言いたい気持ちでいっぱいです。

幼稚園・保育園の先生との食事で印象に残っている出来事

昔は幼稚園・保育園で楽しい出来事が多かったので幾つかは覚えています。この神戸でインターナショナルスクールといえるのは先生が優しかったので個人的には好きな相手だったと思います。昔の私はあまり積極的に行動できなくて先生に様々なことを学びました。覚えているのは食事の時に先生が一緒に食べてくれたというエピソードです。どうしても芦屋でおすすめの歯医者が特徴別でいうとある時に幼稚園・保育園の先生が私の席にきて弁当を一緒に食べました。その時は美味しく食べられたので先生が大好きになった記憶があります。幼稚園・保育園の時は私があまり食事をしなかったので心配をかけていました。それで親が相談して先生に弁当を一緒に食べてもらうことになったのです。私は大人になってその話を知ったので幼稚園・保育園の先生の思いやりに感謝しました。その出来事があったので頑張って食事ができたのだと実感しています。この出来事があったので学校に行っても食事は好きだったと思います。また先生は友達を連れてきてくれて一緒に食事ができました。そういう心掛けも優しかったので幼稚園・保育園の良い記憶は多いです。先生は子供が大好きな人でそういう大人になりたいと思っていました。幼稚園・保育園の経験があって今の私が上手くいっているのだと感じています。例えば小さい出来事でも思い返せば大きな結果を残しています。

幼稚園の先生に褒められて、素の自分を好きになれた

幼稚園の年中さんのときの話です。当時のわたしは典型的な内弁慶で、評判の保育園は奈良でもなかなか分からないとは家では根っからの甘えん坊なのに幼稚園では引っ込み思案な性格でした。先生の言いつけは守るし、怒られることも滅多になかった反面、先生たちに甘えたり友達に自己主張したりすることもできずにいました。どうしても神戸のホームページ制作ならばと友達と喧嘩をしてはよく先生に怒られていた男の子などは、なんだかんだで先生にかわいがられていて、そんな子のことをうらやましく思ったこともあります。そんなとき、新しく年中のクラスの担任になったのが若い女性のY先生でした。Y先生はとても明るくて、豪快に笑う姿が印象的だったのを覚えています。あんな神戸でもインターナショナルスクールといえると「1日に1回は先生の所にお話しに来てね!」と毎朝の朝礼で言っていた先生の明るさにつられて、わたしも段々と先生に話しかけるようになりました。先生はどんなに忙しいときでも手を止めてわたしの話を聞いてくれ、それが嬉しくて何度も何度も先生のところに行きました。家で母に甘えるように先生に甘えることも多くなったとき、先生が不意に、「そうやって素直でかわいいところ、一生あなたの魅力だね」と褒めてくれたのです。こんなバイリンガルスクールでは神戸でのどこに「魅力」の意味が分からずに先生に聞くと、「ずっと大事にしてほしい、あなたの素敵なところだよ」と教えてくれました。「いい子でいなきゃ」と無意識のうちに気を張って過ごしていた幼稚園で、素の自分を褒めてもらえたことが子供心にとても嬉しかったです。今でも新しい環境に入るときには緊張してしまうわたしですが、保育士を採用できる大和高田のようなところではそんなときには先生の言葉を思い出してありのままの自分でいるように意識しています。わたしがどんなところでもわたしのままでいられるのは先生のおかげです。

見守ってくれた先生

私が保育園児の頃のお話しです。かれこれ30年近く前の話になります。この奈良で大和高田の保育士を求人でもなにかと私の両親は共働きで、私が3歳の頃から保育園に預けられていました。天真爛漫で元気いっぱいの私は保育園が大好きでした。ある日の登園時、当日は母親が体調不良のために仕事を休んだために一緒に歩いて保育園に向かいました。保育園に到着し、神戸のインターナショナルスクールではここにも先生に預けられて母親が去っていくのを見た途端寂しさが込み上げて来た私は、母親の後ろ姿を追いかけて園を飛び出しました。母と一緒にいたかったんだと思います。園に戻ろうと母親が促しますが、帰るといって聞かない私。しばらく道端でつくしを触ったりタンポポを摘んだりしてあそんでいましたが、どうして多くのエレメンタリースクールの中で神戸でと見切りをつけた母親は帰ろうっか、と言って一緒に家に向かおうとしていました。その時、私がいなくなったことに気づいた先生が園から走って近づいて来てくれました。「どうしたのー?先生と一緒に戻ろうよ!お友達待ってるよ!」と、話しかけて私が戻れるように促してくれました。母親と一緒にいたかった私は、しばらくその場を離れず悶々としていました。芦屋市の歯医者で口コミで人気のなるとどうにも先生はそんな私を強引に連れて行こうとはせず、一緒につくしを触ったり少し道を歩いてみたりして私の気持ちが変わるのを待ってくれました。登園の忙しい時間にも関わらず、私の気持ちに寄り添いその場にいてくれた先生。少しずつ保育園に行く気持ちになって来た私は、先生におんぶしてもらい園に戻ることができました。この話題の奈良から保育園を探すとこんなにも現在ではあの時とおなじ、3歳の女の子の母親になりました。私はあの時の先生みたいに子どもに対して待つ姿勢ができていないなと、反省しています。子どもを言葉で動かそうとするのではなく、子どもの気持ちが変われるように見守れるような母親になりたいです。

いつもそばにいてくれた幼稚園の先生に感謝しています

私は子供の頃すごく人見知りで、幼稚園でもずっと1人で過ごしているような子でした。友達から誘われるととても恥ずかしくなってしまい「行かない」と断ってしまうんです。この神戸でインターナショナルスクールとなるとも本当は一緒に遊びたいのに、不安で怖い気持ちになってしまって仲間に入ることができませんでした。1人でいたいわけではないですし寂しいので、だんだん幼稚園へ行くことが嫌になって母を困らせていたんです。幼稚園を休みがちになっていましたが、新しいクラスになって新しい先生になった時にまた幼稚園へ通うことができるようになったんです。最初はその先生と2人で遊ぶ毎日でした。メディカルゲートで出会える理想のクリニックにもいつもニコニコ笑っている先生ですごく安心できるので、その先生が大好きになったんです。しばらくすると先生の周りにどんどん友達が増えてきて、自然と私は友達ができたんですよね。幼稚園の先生が私と一緒に毎日絵を描いたり、歌を歌ったり、踊りを踊ったりして遊んでくれたおかげで、卒園する時にはとても寂しくなるぐらい私は幼稚園が大好きになっていました。あの先生のことはずっと忘れることができません。あの先生のおかげで私は人見知りを克服して、小学校でもすぐに友達を作ることができましたし、自信をもって入学することができました。感謝しています。