少しハンデのある息子。最後にとても嬉しかった先生の言葉とは

息子が幼稚園年少児のときの話です。保育園が評判の奈良でもこんなにもいえることからその時の担任の先生は、決まり事や生活態度に厳しく、正直最初は少しとっつきにくいのかも…と思いました。息子は低体重出生児として産まれたため、幼稚園の背の順では、ずっと1番前。更に3月生まれの早生まれなこともあって、他の子に比べてだいぶ差があるように感じていました。なので、もしかしたら他の子より出来ないことがあると、多くはエレメンタリースクールから神戸ではここから怒られたりすることが多いのではと、親心から少し心配していました。そしてあっという間に3月になり、年少児最後の終業式の日。最後に先生に挨拶をしに行ったとき先生は、「◯◯くん(息子の名前)は、からだは小さいけれど、仲の良いお友達と楽しそうに遊び、たまに他のお友達に意地悪をされたとき、インターナショナルスクールを神戸で体験するとここでからだの大きい子に対しても臆せずにやめて!と嫌なことは嫌と、言いたいことをキチンと言える、しっかりとしている子でした。」と言ってくれたのです。その時私は、ちゃんと息子のことをよく見ていてくれたのだなと感じ、最初とっつきにくいなどと思ったのを反省したのをよく覚えています。岡山でおすすめの根管治療ならここ以外にもここでそして更に「ここだけの話ですが、私個人的に◯◯君の可愛らしさに、毎日とても癒されていました。」と言ってくれたのです。もしかしたら他の子にもそう言っていたのかもしれませんが、こんなに奈良で大和高田の保育士を求人でももう小さく生まれた息子のことを気にしていた私にとって、先生のそんな言葉は本当に嬉しかったです。