先生にもう一度会いたいと夢にまでみた話し

0歳から未満児で入園させている娘と担任の先生との話です。娘は11ヶ月で入園し、この多くのエレメンタリースクールの中で神戸からは伝い歩き程度でまだまだ手のかかる時期でした。娘のクラスは1歳児も一緒になっており、園児は30人程度いたと思います。先生は5人配属されていました。先生方はとても親切でまた、家でみる以上にコップでの飲み方やスプーンの使い方等教えて頂き、仕事に追われていた家族にとって、とても園での生活の教えはありがたく感じていました。娘も段々と言葉が話せるようになり、4月生まれだったこともあり、もう市川市で痛みを極力抑えた胃カメラ検査ならと学年の子よりも成長が早く、大人の会話の理解も十分できるくらいになり、先生達とも楽しく毎日おしゃべりしていると連絡ノートで様子を教えてもらいました。娘も一番は担任の先生がお気に入りだったようで、家に帰り「今日誰と遊んだの?」と聞くと「○○(担任)先生!」と、お友達の名前よりも先生の名前が一番に出てくる毎日でした。そんな担任の先生ですが、娘が1歳の終わりに、ご懐妊され、退職することとなりました。日に日に大きくなる担任の先生のお腹を見て、他の先生のお腹を差しながら「先生も赤ちゃんいるの?」と聞いていたそうです。ついに、担任の先生が退職される日、もうしばらく会えないとわかると泣きながらお別れしました。しばらくしょんぼりしていた娘でしたが、半年程し、急に朝、「今日○○(退職された担任)先生の夢みたのー!」と嬉しそうに話していました。なんと、ホームページ制作って神戸からはとってもいいいとも その日の昼間、退職された担任の先生が顔を出しに園に来て頂き、娘は大喜びだったようです。予知夢を見たような気がして、不思議でなりませんでしたが、娘が喜ぶ事ができ良かったです。

姉御肌で憧れだった先生

私が通っていた幼稚園の担任の先生はこんなにエレメンタリースクールなら神戸ではあのとても男気があって美人(もう20年以上前の事なので私の記憶の中では可愛らしい感じのルックス)な先生でした。私は当時いたずらっ子の部類に入っていたと思います。同じようないたずらっ子3人組の友達たいつもいたずらをしていました。一番奈良で話題の保育園がどうしてこんなにも当時幼稚園児のクセに女の子のスカートめくりが流行っていて悪ガキ3人組で女の子のスカートをめくりまくっていました。すると担任の先生から最初は優しく注意されてと思いますが、悪ガキ3人組は言うことを聞かないので、だんだん先生も怒りはじめしまいには、東京や大阪でのおすすめ医院情報なら少しどんなにもみあげを捕まれ引っ張られてこっぴどく怒られました。今でも覚えていますが、もみあげって引っ張られるとけっこう痛いんです。今の時代でそれをやったら児童虐待など言われるかも知れませんが、保育士を採用できる大和高田のようなところでも当時は軽く頭をこずかれる程度は日常茶飯事だったので先生達も普通に怖かったですね。そんな男らしい先生も、もちろん優しい時もありました。美人な先生だったので私も密かに憧れていて他の友達には内緒でお手紙を書いたり、折紙で作った紙飛行機などを先生に渡すととても喜んでくれました。先生もお手紙の返事を返してくれたり、工作の作品や絵を書いて先生に見せた時はとても褒めてくれました。アメと鞭を上手に使いこなしてる先生で、どうやって神戸のインターナショナルスクールから他の友達からもとても人気のある先生でした。もちろん私も大好きな先生でした。

幼稚園の先生の優しい見守り

私の息子は幼稚園に通っています。今、年中さんです。神戸もインターナショナルスクールと呼べるかは穏やかで繊細で優しいタイプの子供です。日々のお友達とのかかわりの中で、おともだちに叩かれてしまったことがありました。息子は「やめて」と伝えたようですが、おともだちがさらに叩いてくることもあったとのこと。息子は自分が叩かれる理由がわからないようで悩んでいました。クリニックの強みを訴求できるメディカルゲートならでの時に隣のおともだちに叩かれてしまうようで、「もしかしたら、僕の歌う声が大きくて嫌だから叩くのかな。。。」と息子はひどく落ち込んでいる日もありました。私も心配になったため担任の先生に相談をしました。担任の先生からは特におともだちとの関係の話は今までなかったため、あの奈良でも評判の大和高田の保育園ではとても息子が話をしてくれたことを先生に確認したところやはり叩かれてしまうことがあったとのことでした。翌日先生が息子とお話をしてくれました。お歌を歌ってほしい事、おともだちにたたかれたりしたら先生にも話してほしい事、困ったことがあったらなんでも相談してほしい事を話してくれたようです。叩くおともだちとも先生含め三人でお話ができ、「ごめんね」を言ってもらえたようで、その日のお迎えの時、息子はとても晴れ晴れとした表情をしていました。この奈良では保育園の評判が良いのではといっても小さい子供の集団の中では、先生の存在はとても大きなものだと思います。先生がわかってくれたこと、見てくれていることが安心につながるのだと感じました。たくさんの子供がいる中で、じっくりゆっくりと一人一人を見ることは大変難しいことだと思います。そんな中でも、神戸からインターナショナルスクールからでも毎日子供たちの安全を守り、時に厳しく時にやさしく見守ってくれている幼稚園の先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

大好きな幼稚園の先生がプレゼントであげた花飾りをずっとつけてくれていた思い出

私には、とてもよく記憶に残っている幼稚園の先生が1人います。その先生は違う組の若い女の先生で、恥ずかしながら、こんなにバイリンガルスクールが神戸の中にももう私にとっての初恋の相手でした。当然、私は当時幼稚園児でしたから、初恋も何もないのですが、可愛い顔の先生の優しい笑顔が大好きで、休み時間のたびに先生の組を覗きに行って、手を振って帰ってくるのが日課でした。先生はいつでも、優しく手を振り返してくれました。ある時、私は先生にプレゼントしようと思って、折り紙でお花を作って、安全ピンをつけて花飾りにしました。先生にあげると、とても喜んでくれました。それだけでも私は十分満足していたのですが、先生はそれから毎日、胸に私の作った花飾りをつけていてくれました。なんだか恥ずかしいような誇らしいような、根管治療でおすすめの東京の歯科医院はここからは子供ながらに不思議な感覚の毎日でした。そして、ある時、先生は結婚して先生を辞めることになりました。自分の組の園児でもないのに、先生は私のところにお別れの挨拶に来てくれました。最初は先生らしく、私にこれからも頑張るように言って聞かせてくれたのですが、途中から先生も泣き出してしまい、私もつられて泣いてしまいました。最後に、先生は手作りの折り紙の花飾りを私にプレゼントしてくれました。私があげた花飾りと同じ形に折った、色違いの花飾りでした。私にとって、人生最初の宝物になりました。先生のおかげで、私は人を好きになるということ、どうして神戸ではインターナショナルスクールとは好きな人にプレゼントをすることの喜びを知ることが出来たと、今でも感謝しています。私の自宅の机の上には、今も2つの色違いの花飾りの片方が、小さく咲き誇っています。

幼稚園の先生のこまめな連絡が不安を無くしてくれました。

初めての第一子が幼稚園へ通うことになりました。もともと保育園の時から、やや発達状況が気になると先生に言われて、やや幼稚園よりも発達障害施設などの方がよいのか不安にかられていました。多くはエレメンタリースクールから神戸でも多くの県の保健師の方などにも相談して、幼稚園に行くことにしましたが、全てが育児と同様初めての経験で、子どもが本当に幼稚園に馴染めるのか、集団行動は大丈夫だろうかと不安が一杯でした。入園説明会の段階でも、丁寧に安心できるような話を頂きましたが、保育園よりも比較的幼稚園の方が自立が求められていくことがあると前保育園から伺っており、心配しておりました。実際、幼稚園に入園してからしばらくして、子ども同士の喧嘩などでとても心配する事例がありました。幼稚園から返ってきた子がケガしていたのですが、どんなホームページ制作ができるなら神戸でもここでこうした場合必ず担任の先生から子が家に返ってくる前に母親あてに連絡を頂いていたようです。そのことを聞き、解決に向けて迅速に動いて共有頂いた姿に感銘しました。また、その後も細かいことでも母親あてに連絡や手紙を頂いていたようで、初めて幼稚園に通園させている親の立場からすれば、非常に安心できる施設様でした。子どもも気づけば毎日のように、先生の真似をしたり、または先生ごっこをしたりと。子どもも先生のことが大好きのようでした。こうした初めて第一子を幼稚園に送る親の立場として、こうした丁寧で且つこまめな連絡ができる先生は非常に嬉しかったです。今は担任が変わりましたが、こうした行動はこの幼稚園の文化として根付いているようです。根管治療でおススメの歯科医院が満載なのでは今後も、子と共に親も関わりながら、子の成長を見守っていきたいと思います。

幼稚園の先生のおかげで苦手が克服できた息子

私の息子は、年少の時に自閉症スペクトラムと診断されました。どのバイリンガルスクールが神戸の中にはとっては幼稚園でもお友達と遊ばず、常に一人で独特な言動を繰り返していた息子。そんな息子側に幼稚園も手を焼いていたのか、息子がお集りの時間に園庭で遊んでいても放置されていました。これでは幼稚園に通っている意味がありません。一人集団から外れた行動をしていても見向きもされない息子が不憫で、「幼稚園をやめようか」という思いが頭をかすめました。でもその前に、人気の奈良でも大和高田で保育園がどこにだって私は親としてやるべきことをやっていないと気づき、モンスターペアレントと言われようが幼稚園側に思っていることを全部伝えようと思いました。幼稚園の担任の先生と園長先生に同席してもらい、息子の特性としてほしいこと、してほしくないことを伝えました。下手をすればクレームをつけられてるとおもわれるかもしれない。ものすごく緊張したのを覚えています。しかしその後、担任の先生が息子の情報を全幼稚園の先生と共有してくれ、姫路で根管治療専門医ならどこかといえるところは息子が単独行動をしたら「今はお集りの時間です」と声かけをしてくれるようになり、癇癪を起しそうになったら息子の気持ちが落ち着くまで待ってくれ、それからお友達の輪に入れるようにしてくれました。先生からの連絡も頻繁になり、「今日はほうれん草を食べてくれました!」など些細なことでも嬉しい成長を報告してくれるようになりました。そして卒園の日、そんなにも話題の保育園が奈良ではとてもここからがお友達と遊ぶのが苦手でいつも単独行動していた息子が、いろんなお友達に声をかけてもらえるようになりました。担任の先生が、無理せずお友達の輪に入っていけるように配慮してくれたおかげだと思っています。それと同時に、私は「保護者」として幼稚園に良く思われたい気持ちから、本来言わなければいけないことを言わなかったのだと気づきました。言わなければ先生たちも気が付きません。これは親子ともども成長させてくれた一件でした。その担任の先生は、息子たちが卒園するのを見届けてから結婚の為に退職されました。本当はたくさんお礼が言いたかったけど、コロナの影響で卒園式も短縮されあまりお話しできなかったのが今でも心残りです。

幼稚園の先生は大忙し プチプレゼントのプロ

現在は小学生となった長女ですが、どんなバイリンガルスクールでは神戸がとても詳しい幼稚園の頃に担任の先生と交換したお手紙のお返事を数年たった今も大切にしています。登園すると、園児全員が並んで、5曲程ダンスを踊る幼稚園でしたが、どのダンスも前に立つ先生方が大きな動きで、誰よりも元気いっぱいで、時々こっそり見に行っていた母でした。子どもたちを楽しませるために、毎日朝早くから、夜も遅くまで、園児たちが帰った後や、奈良でも評判の大和高田の保育園でももう休みの日にもダンスの練習や催し物の準備に、大忙しの先生方でしたが、お会いするといつも笑顔で対応してくださいました。年少組に入ってすぐの頃から、我が子は帰宅後は『先生にプレゼントするの!』と、せっせと折り紙を折っていました。おすすめの医院、歯科医院を探すならメディカルゲートから持っていくと、翌日には先生からとても素敵な折り紙作品にメッセージが入って返してくださいました。あまりに毎日だったので、先生も大変だから、今日はやめておいたら?と言っても、先生の折り紙という素敵なお返しが欲しくて、少しでも奈良の話題の保育園を選ぼうと思うと毎日折り続けていました。すると、見る見るうちに、子どもはどんどん、器用になっていきました。初めは先生のお返しが欲しかったのに、先生みたいになりたい!という夢に変わっていき上達していったのです。ずっと、お忙しい中お付き合いくださった先生方には感謝しきれません。あのインターナショナルスクールなら神戸でもは小学生になった今も、お友達とのお付き合いは難しい時もあるけれど、先生の為に作ってきた折り紙を、今度はお友達に作って喜ばれ、良い関係づくりに繋がっています。今は遠くであいさつに行けない幼稚園ですが、『ありがとうございました!先生はプチプレゼントのプロです。』と伝えたいです。

幼稚園の先生が仲直りのきっかけを作ってくれた

オリジナルのロボットの絵を描いているような子で、私はいつもその子と遊んでいました。
この保育士で採用できる奈良の大和高田からはある日、いつものようにその子がロボットの絵を描いていたんです。私としては、良かれと思ってロボットの足の部分をピンクのクレヨンで塗ったんです。そうしたら、神戸ではインターナショナルスクールを巡るのはその男の子が泣き出してしまって、私に持っていたクレヨンを投げつけてきたんです。その事がきっかけとなり、大ゲンカへと発展してしまいました。
後から考えたら、私の方が悪かったんです。母にも叱られてしまい、翌日は仲直り用のドーナツを持って幼稚園に向かいました。多くのエレメンタリースクールの中でも神戸からでも、何て言って謝ったらいいのかわからず、モジモジしていたら、どんどん時間がたってしまい、私は涙が出てきました。そんな私の様子に気がついた先生が、その男の子の前に、私を連れていったのです。
「言いたいことが、あるんだよね?」
根管治療でおススメの歯科医院が満載だとしても優しく言われて、私は持ってきたドーナツを出しながら、大きな声でごめんなさいと言えました。
その子は、少し照れたように、僕こそごめんと言って受け取ってくれました。
評判では奈良が良いと保育園を巡ってここに幼稚園を卒園すると同時に、その子は引っ越していってしまい、あのときに仲直りできて、本当に良かったです。
あのとき、きっかけを作ってくれた先生には感謝しています。

病気で幼稚園を休みがちだった息子を決して見放さなかった先生。

今では中学生になり、風邪とも全く無縁で皆勤賞の息子。でも、年中さんから入園した幼稚園児の頃は、中耳炎を何度も繰り返し、幼稚園に通うよりも病院通いをする方が多いのではないかというくらい、休んでばかりいました。もう根管治療が専門の岡山の歯科医院は少しも探せず息子が登園していた幼稚園は、地元の私立幼稚園で、とにかく行事が多く、毎月必ず子供が舞台に立つイベントが用意されていました。幼稚園の先生も、そして子供たちも、踊りや日本舞踊、お茶に夕涼み会にお誕生会にクリスマス会・・・と、覚えるのに必死です。幼稚園を休みがちな息子は当然ついていけず、元気のない日が続きました。しかし、担任の先生は遅れをとっている息子を決して見放さず、根気よく丁寧に指導してくださいました。初めてのクリスマス会は地元の公民館を貸し切って行われました。この神戸でインターナショナルスクールとなれば練習についていけたかな?緊張していないかな?泣いていないかな?など、夫と私は心配しながら息子の出番を待っていました。すると、息子は家では見せないような、自信に満ちた、力強い表情で小さな兵隊さんの衣装に身を包み、闊歩して舞台に登場しました。しかも、鼓笛隊のリーダーに抜擢されていたのです!幼稚園を休んでばかりで、大和高田で保育士の求人を求めているところは練習もほとんど参加できなかった息子に、幼稚園の先生が用意してくれたサプライズでした。後になって先生に理由を尋ねてみましたところ、「息子さん、遅れをとっている自分をしっかりと自覚して、他の子の何倍もの練習と努力をしていましたよ。褒めてあげてくださいね!」とおっしゃって下さいました。大人になると、努力だけでは乗り越えられない壁がいくつも現われて、ときには心が砕けてしまうこともあるでしょう。でも、話題では奈良が保育園のことを調べるわけには幼稚園の先生が息子にくれた「努力をすれば活路が開ける」という教えは、ずっと心に残っていくし、今後生きていくうえで大きな自信になるに違いないと思います。病気がちだった息子を決して見放さず、根気よくお付き合いして下さった幼稚園の先生、そして園長先生には感謝でいっぱいです。

友達と仲直りをさせてくれた

幼稚園の時に、大好きな友達がいたんです。
Mちゃんといって、いつも一緒でした。そんなバイリンガルスクールでは神戸がここからもうところが、ちょっとしたいざこざから大ゲンカになってしまい、口もきかなくなってしまったんです。
本当は仲直りしたいのに、素直にそのことが言えなくて、私はMちゃんの姿を見るとついつい逃げてしまっていたんです。
きっと、Mちゃんも同じ気持ちだったと思うんです。
そして、先生はそんな私たちの気持ちに気がついてくれたと思うんです。
このホームページ制作の仕事は神戸からもうある日、先生から「ごめんなさいカード」というものをもらいました。ごめんなさいと言いたい人に渡すそのカード。先生は、謝るのはとても勇気がいるけれど、大切なことだと教えてくれました。
私は、次の日にMちゃんへ勇気を出してカードを渡しました。そして、Mちゃんも同じカードを私にくれました。それから、やっと仲直りができて、その後の遠足ではMちゃんと並んでお弁当を食べました。
もし、メディカルゲートで出会える理想のクリニックはここにあの時に先生が「ごめんなさいカード」をくれなかったら、もしかしたら私はMちゃんと仲直りしないまま卒園となったかもしれません。Mちゃんとは、小学校や中学校は別々だったのですが、ずっと仲良くしていました。このインターナショナルスクールを神戸で体験すると現在は年賀状のやり取りぐらいですが、その関係は続いています。先生には本当に感謝しています。