見守ってくれた先生

私が保育園児の頃のお話しです。かれこれ30年近く前の話になります。この奈良で大和高田の保育士を求人でもなにかと私の両親は共働きで、私が3歳の頃から保育園に預けられていました。天真爛漫で元気いっぱいの私は保育園が大好きでした。ある日の登園時、当日は母親が体調不良のために仕事を休んだために一緒に歩いて保育園に向かいました。保育園に到着し、神戸のインターナショナルスクールではここにも先生に預けられて母親が去っていくのを見た途端寂しさが込み上げて来た私は、母親の後ろ姿を追いかけて園を飛び出しました。母と一緒にいたかったんだと思います。園に戻ろうと母親が促しますが、帰るといって聞かない私。しばらく道端でつくしを触ったりタンポポを摘んだりしてあそんでいましたが、どうして多くのエレメンタリースクールの中で神戸でと見切りをつけた母親は帰ろうっか、と言って一緒に家に向かおうとしていました。その時、私がいなくなったことに気づいた先生が園から走って近づいて来てくれました。「どうしたのー?先生と一緒に戻ろうよ!お友達待ってるよ!」と、話しかけて私が戻れるように促してくれました。母親と一緒にいたかった私は、しばらくその場を離れず悶々としていました。芦屋市の歯医者で口コミで人気のなるとどうにも先生はそんな私を強引に連れて行こうとはせず、一緒につくしを触ったり少し道を歩いてみたりして私の気持ちが変わるのを待ってくれました。登園の忙しい時間にも関わらず、私の気持ちに寄り添いその場にいてくれた先生。少しずつ保育園に行く気持ちになって来た私は、先生におんぶしてもらい園に戻ることができました。この話題の奈良から保育園を探すとこんなにも現在ではあの時とおなじ、3歳の女の子の母親になりました。私はあの時の先生みたいに子どもに対して待つ姿勢ができていないなと、反省しています。子どもを言葉で動かそうとするのではなく、子どもの気持ちが変われるように見守れるような母親になりたいです。

いつもそばにいてくれた幼稚園の先生に感謝しています

私は子供の頃すごく人見知りで、幼稚園でもずっと1人で過ごしているような子でした。友達から誘われるととても恥ずかしくなってしまい「行かない」と断ってしまうんです。この神戸でインターナショナルスクールとなるとも本当は一緒に遊びたいのに、不安で怖い気持ちになってしまって仲間に入ることができませんでした。1人でいたいわけではないですし寂しいので、だんだん幼稚園へ行くことが嫌になって母を困らせていたんです。幼稚園を休みがちになっていましたが、新しいクラスになって新しい先生になった時にまた幼稚園へ通うことができるようになったんです。最初はその先生と2人で遊ぶ毎日でした。メディカルゲートで出会える理想のクリニックにもいつもニコニコ笑っている先生ですごく安心できるので、その先生が大好きになったんです。しばらくすると先生の周りにどんどん友達が増えてきて、自然と私は友達ができたんですよね。幼稚園の先生が私と一緒に毎日絵を描いたり、歌を歌ったり、踊りを踊ったりして遊んでくれたおかげで、卒園する時にはとても寂しくなるぐらい私は幼稚園が大好きになっていました。あの先生のことはずっと忘れることができません。あの先生のおかげで私は人見知りを克服して、小学校でもすぐに友達を作ることができましたし、自信をもって入学することができました。感謝しています。

幼稚園の先生は初恋の人

誰しも初恋というものがあると思いますが、どうでしょう、どんなにバイリンガルスクールが神戸の中にもここでしっかりと覚えていますか?私は、残念ながら、よく覚えていません。ですが、親から聞くところによると、どうやらそれは、保育園の先生になるようです。というのも、私は保育園に通っているころは、常々○○先生と結婚する!と豪語していたそうなのです。同年代の女の子に見向きもせずに、先生一本だったそうなんですよね(笑)。保育園での生活はそのほとんどを、先生のそばで過ごしていたそうで、ある意味ストーカー的な執着部位だったそうです(笑)。ちなみに、根管治療でおススメの歯科医院が満載なので私はこれまで、何人かの女性とお付き合いをしてきましたが、いずれの恋愛も淡泊なもので、私よりも相手が夢中になっていることが多かったです。一人になりたいことも多かったですし、恋人とはいえ、ある程度の距離を置きたかったんですよね。そんな私が、保育園のころはまるでストーカーのように先生に付きまとっていたというのですから、いやはや。で、そんな話を聞くと、当然先生の顔が気になるわけで、アルバムを引っ張り出してきて、見るわけですが。なるほど、自分にとって理想的な容姿をしています。笑顔の素敵な、優しそうな感じの女性で、そりゃ好きになるわなと。神戸ならインターナショナルスクールが沢山あるからもこの写真を見るたびに、あと20年生まれるのが早かったらなあ、なんて妄想している自分がいます。

幼稚園の先生は初恋の人

誰しも初恋というものがあると思いますが、どうでしょう、しっかりと覚えていますか?私は、残念ながら、よく覚えていません。ですが、親から聞くところによると、どうやらそれは、保育園の先生になるようです。というのも、私は保育園に通っているころは、常々○○先生と結婚する!と豪語していたそうなのです。同年代の女の子に見向きもせずに、先生一本だったそうなんですよね(笑)。保育園での生活はそのほとんどを、先生のそばで過ごしていたそうで、ある意味ストーカー的な執着部位だったそうです(笑)。ちなみに、私はこれまで、何人かの女性とお付き合いをしてきましたが、いずれの恋愛も淡泊なもので、私よりも相手が夢中になっていることが多かったです。一人になりたいことも多かったですし、恋人とはいえ、ある程度の距離を置きたかったんですよね。そんな私が、保育園のころはまるでストーカーのように先生に付きまとっていたというのですから、いやはや。で、そんな話を聞くと、当然先生の顔が気になるわけで、アルバムを引っ張り出してきて、見るわけですが。なるほど、自分にとって理想的な容姿をしています。笑顔の素敵な、優しそうな感じの女性で、そりゃ好きになるわなと。この写真を見るたびに、あと20年生まれるのが早かったらなあ、なんて妄想している自分がいます。

何気ない幼稚園の先生の言葉

長女は幼稚園時代環境慣れするのに時間がかかり、クラスの場所、このエレメンタリースクールなら神戸でもここにも先生が変わるたびに泣き毎年夏休み前まで行きたくないと登園拒否することもありました。年少の頃は泣くことも嫌がることもよくあることですよと先生方もフォローして下さり夏休み明けは仲良しのお友達に会うことを楽しみにしてくれるようになって安心したのですが、鹿児島の根管治療専門医でおすすめはここには年中でそのお友達ともクラスが分かれ振り出しに戻り、また同じことの繰り返し。年長でも進級式で1人泣く娘。小学校は引っ越すことが決まっており幼稚園の子が誰もいない環境になるためこれは小学校も嫌がるかな、この先大丈夫かなと不安に思っていました。神戸へホームページ制作でも年長最後の発表会が迫った12月。いつも帰りに幼稚園のことは自分からそんなに話さない娘が珍しく、開口一番A先生に褒められた、〇ちゃんは大丈夫できるという気持ちが先生にいっぱい伝わってくる、先生嬉しいな。と言っていたと教えてくれました。A先生は別のクラスの担任で発表会の合同練習の際に声をかけてくれたようです。ここで一番奈良で話題の保育園がどこかは先生に褒められたことはもちろん先生嬉しいなと喜んでくれたことが娘のやる気スイッチを押してくれたようでその後少しずつ自分から発言したり挑戦する姿を見せてくれるようになりました。3月の卒園式。A先生は年度いっぱいで退職するようで娘と最後に感謝を伝えに行きました。先生は娘の担任を持つことがなくあまり関わることができなかったけれど行事のたびにちゃんと練習して頑張ってきたことが伝わってきていたよ、大丈夫〇ちゃんはできる!絶対に大丈夫。〇ちゃんの笑顔が先生大好きだよと娘に話をしてくれ娘も何度も頷いていました。奈良でも評判の大和高田の保育園ではここにと小学校入学式。泣いて登場しないか不安でしたが前をしっかり見て堂々と歩く姿。友達になろうと隣の子に話ができたよと教えてくれた娘。小さな頑張りでも見逃さず褒めて伸ばしてくれた先生に感謝し、私自身も娘との向き合い方を教わることができたように思います。

保育園の先生のうれしい体験

上の子が生後2ヶ月から4年ほど通った保育園があります。エレメンタリースクールならこの神戸でもというわけには2歳くらいになると保育園ではアンパンマンが流行っていました。朝早くから夕方遅くまでいるので、子供の手の甲にマジックでアンパンマンやばいきんまんやカレーパンマンを描いてくださいました。お風呂に入って落とすのでそれまでは手の甲にあるばいきんまんやカレーパンマンを子供が喜んでいました。保母さんをお母さんと間違えたり、家に帰って私と保母さんを間違えて「先生」と言ったりしました。芦屋市の歯医者で口コミで人気のなるとここでも先生方の行動をよく見ていて、家のトイレ掃除を真似をしてすることもありました。子供も大人になり、結婚して子供が出来たら、今の時代子供同士遊ぶことも無いので早くから保育園に入って楽しかったのでしょう。そういう風に保育園に入れて育てようと感じているようです。トイレトレーニングもすぐできるようになりました。お母さん同士で話すこともあり、離乳食の時期は炊飯器に湯飲みに米粒を入れて多めの水を入れて一緒に炊けば別に炊かなくてもいいと言うことも教えてもらいました。男の子でしたが、男の子の友達よりも優しい性格なのか女の子と一緒に写っている写真がありました。本当にあの4年間は私も充実していました。

この幼稚園の先生は凄い!人見知りだった娘が今ではすっかりガキ大将…

年少から通い始めた幼稚園。親としては不安しかありませんでした。なんでって、とにかく人見知りがひどかったんです。奈良の大和高田で求人の保育士はどこでもといって1歳を過ぎたあたりからでしょうか。パパ、ママ以外の人物は全く受け入れる事が出来ず、子育て支援センターの先生もダメ、公園で遊ぶお友達もそのお母さんもダメ、ことに男の方が相手だともう、微動だにせず固まって、せっかくにこにこ声をかけてくれた人たちに申し訳ないやらなんやら。。。そんな娘が唯一心を許していた公園で知り合ったお友達が幼稚園に行く事を決めたという話を聞いて、どうしてインターナショナルスクールの神戸では自分も幼稚園に行きたいと言い出したものだからさぁ、どうしましょう…と。ですが、行きたいというものを無理やり止めるわけにも行かないし、とりあえず行かせるだけ行かせてみましょうと我が家も幼稚園に通わせる事にしたのです。入園式は親と一緒に行けるのでまぁ良い。問題は2日目以降ですよね。幼稚園バスが大好きなアンパンマンだからと、調子にのって娘はバスに乗るという事だったのでバスも申し込みしていたのですが・・・。さて、乗れるのでしょうか。と不安視していたのは親だけでした。ここでエレメンタリースクールなら神戸でももっと園バスが迎えに来たと思うと、親の不安をよそに先生が「おはようございます」と言い終わるか言い終わらないかのうちに、娘の手を引いてあれよあれよとバスに乗り、泣き出す暇もないまま座席にチョコンと腰掛けて、幼稚園へ行ってしまったのです。先生たちに迷惑かけていないかずっと心配しながら帰りのお迎え。先生に様子を伺いに行くと、なんと、他の子たちが泣いていて、娘が一生懸命なだめていたのだと。とても以外でしたが、たぶん園バスに乗る段階でいったん時間が止まってしまうと、うちの娘の事だからもう泣いて泣いて、一日泣いて終わっていた事でしょう。胃カメラ検査ならおすすめの明石のクリニックでもさすがというか、なんというか。ちなみに、その先生、初日はそうでしたが、慣れてからはちゃんと話もしますし笑顔の素敵な先生です。初日はやはり、間髪入れずの対応が意外にうまく行くというのを把握されていての対応だったのでしょうね。口コミすると奈良の保育園でもどこもかしこもそんな先生をうちの娘は大好きなようで、本当に幼稚園には感謝しかありません。

この幼稚園の先生は凄い!人見知りだった娘が今ではすっかりガキ大将…

年少から通い始めた幼稚園。親としては不安しかありませんでした。なんでって、とにかく人見知りがひどかったんです。あの神戸でインターナショナルスクールとなると1歳を過ぎたあたりからでしょうか。パパ、ママ以外の人物は全く受け入れる事が出来ず、子育て支援センターの先生もダメ、公園で遊ぶお友達もそのお母さんもダメ、ことに男の方が相手だともう、微動だにせず固まって、せっかくにこにこ声をかけてくれた人たちに申し訳ないやらなんやら。。。ここでは神戸がインターナショナルスクールからはそんな娘が唯一心を許していた公園で知り合ったお友達が幼稚園に行く事を決めたという話を聞いて、自分も幼稚園に行きたいと言い出したものだからさぁ、どうしましょう…と。ですが、行きたいというものを無理やり止めるわけにも行かないし、とりあえず行かせるだけ行かせてみましょうと我が家も幼稚園に通わせる事にしたのです。入園式は親と一緒に行けるのでまぁ良い。問題は2日目以降ですよね。幼稚園バスが大好きなアンパンマンだからと、調子にのって娘はバスに乗るという事だったのでバスも申し込みしていたのですが・・・。さて、乗れるのでしょうか。と不安視していたのは親だけでした。姫路で胃カメラ検査ならおすすめのところで園バスが迎えに来たと思うと、親の不安をよそに先生が「おはようございます」と言い終わるか言い終わらないかのうちに、娘の手を引いてあれよあれよとバスに乗り、泣き出す暇もないまま座席にチョコンと腰掛けて、幼稚園へ行ってしまったのです。先生たちに迷惑かけていないかずっと心配しながら帰りのお迎え。先生に様子を伺いに行くと、なんと、他の子たちが泣いていて、娘が一生懸命なだめていたのだと。とても以外でしたが、たぶん園バスに乗る段階でいったん時間が止まってしまうと、うちの娘の事だからもう泣いて泣いて、一日泣いて終わっていた事でしょう。さすがというか、なんというか。ちなみに、その先生、初日はそうでしたが、慣れてからはちゃんと話もしますし笑顔の素敵な先生です。初日はやはり、間髪入れずの対応が意外にうまく行くというのを把握されていての対応だったのでしょうね。そんな先生をうちの娘は大好きなようで、本当に幼稚園には感謝しかありません。

好き嫌いの多かった娘を、褒めて支えてくれた保育園の先生

うちの娘は好き嫌いの多い子で、そのうち食べられるようになるから無理させることはないという主人と、好き嫌いは絶対に許さない義父母の間でさらに混乱してしまったようで、気づけば食事自体を嫌がることも度々ありました。この神戸でインターナショナルスクールとなるとも母親の私はというと基本は主人と同じ考えなのですが、保育園でのお弁当や、小学校入学後の給食のことを考えるとある程度好き嫌いは克服して欲しいと考えておりました。しかし「貴女のためなんだよ」と説いたところで、3歳児が理解できるはずもありません。保育園に入園したときに、これまでの出来事を担任の先生に説明したところ「大丈夫ですよ、好き嫌いのある子も食の細い子も、周りの子につられてパクパク食べ始めますから」と慰めて頂きました。メディカルゲートで見つけるクリニックとなるには念には念を入れてお弁当には極力好きな物を入れるように努力したところ、最初の一週間は残しがちでしたが、段々と残す量も減って、2週間後には綺麗に完食して帰ってくるようになりました。(自宅の夕飯は相変わらずですが)娘にお昼(お弁当)時間の様子を聞いてみたところ、綺麗にお弁当を完食できた子は先生が褒めてくれるのだそうです。食べきれなかった子も「前日より食べられたね!」とか「こぼさず綺麗に食べられたね!」と別の視点から褒めてくれるのだそうです。その先生のおかげで、娘は保育園を卒業する頃には同じ世代の子供並みに食欲を取り戻すことが出来ました。

幼稚園の先生からもらったもの

幼稚園での先生との思い出といいますと犬です。ここでエレメンタリースクールなら神戸ではとても幼稚園の先生から犬をもらったことがあります。サンタさんに何かお願いするということがあったのですがその時に犬が欲しいと言ったところちょうどその時に幼稚園の先生の方でいる犬に子供が生まれたので、ということがあったわけです。正直なところとして、犬なんてそう簡単にもらうようなものではないです。育てるのにお金がかかることではありますし、時間もかかることではあります。15、6年は最低でも普通に生きていく可能性があるわけで成人するくらいまでには犬と一緒に生活するという形になってしまうので別に個人的には悪くはないのですが、親のその時の心情を考えると結構小さな子供が言ったことをにしては、その後のライフスタイルを変えることを覚悟して貰い受けたんだろうなぁ、と今では思っています。さて、幼稚園の先生から子犬を貰う、ということになったわけですがその時に先生の家に行った事もよく覚えていました。先生の家で言うと対面して問題なしということになったらそのまま持って帰るというのではなく、その日はそれで終わりました。そして、後日、幼稚園に犬を連れてきてもらってそこで受け取るということになりました。その日は当然、子犬は幼稚園の人気者でした。そんな思い出があります。その時の犬もすでに他界しており、懐かしい思い出というよりはちょっと悲しい思い出となっています。